IT導入補助金の事業効果報告って?事前に知っておきたいIT導入補助金の事後報告【2018年度版】

平成30年度補正予算も成立となり、運営事務局の募集も平成31年2月22日に締め切られました。

もうそろそろ来年度の公募要領も発表されるのでは…?という最中、今年度の事業実績報告の不備対応や、昨年度の事業効果報告に追われている企業様も意外といらっしゃるのではないでしょうか。

事業効果報告とはその名の通り補助金を使って導入したITツールの導入効果を報告するもので、目的の定められた補助金には付き物といっても過言ではありません。

そこで今回は、来年度のIT導入補助金を実施する前に知っておきたい!
事業効果報告についてまとめてみました。

1.事業効果報告ってなに?

補助金を活用して行った事業について、国から補助金を受け取った後も数年間に渡り、その補助金対象事業の効果報告を行わなければいけないというものです。
(このような事業効果報告の意味合いを持つ補助金は比較的多く、他にも存在します。)

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。