中小企業の支援制度、生産性向上特別措置法に基づく先端設備導入計画の認定制度とは?

補助金・助成金に申請を行う場合に要件として度々登場するものの中に「事業計画の認定制度」というのがあります。

この事業計画の認定制度、例えば「中心市街地活性化計画の認定」「復興推進計画の認定」「低炭素建築物新築など計画の認定」は、都道府県や政府がその計画に対し認定(お墨付き)を与えることで、政府や自治体による優先的な支援を可能にする仕組みです。

この認定は補助金の申請の要件として扱われるほか、税制面での優遇や融資時の信用保証の拡大、補助金申請時の優先採択などが行われている場合もあります。今回紹介するのは生産性向上特別措置法に基づいて経産省が推進する中小企業支援制度の1つ「先端設備導入計画」の認定制度です。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

生産性向上特別措置法に基づく中小企業支援制度とは

生産性向上特別措置法では、2020年までを「生産性革命・集中投資期間」と定め、①プロジェクト型「規制のサンドボックス」制度の創設、②データの共有・連携のためのIoT投資の減税等③中小企業の生産性向上のための設備投資の促進という3つの取り組みを期間限定で行っています。

このなかで「中小企業の生産性向上のための設備投資の促進」に向けた支援を受ける為に必要となるのが「先端設備導入計画」の認定です。

※他の2つの支援制度については補助金とは縁遠い部分もあるので、概要のみの紹介とさせていただきます。

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。