【2018年度版】デジタルサイネージ導入で使える補助金4選!

駅や商業ビルなどでも良く目にするようになったデジタルサイネージ(電子看板)。

看板がデジタルになったことで、一つの看板で伝えられる内容が無限大になったことと、それによる業務改善。
公共施設等に設置した場合は、デジタルサイネージを通して緊急通達を送ることができるなど、安全対策にも繋がります。
また、看板の付け替えや廃棄等によるコスト削減にも繋がる等、メリットは色々と見つかりそうですね。

今回は、そんなデジタルサイネージを導入した際に使える補助金について調べてみました。

1.美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金

この補助金は、外国人旅行者受入のため、都内の民間美術館や博物館等を対象に、多言語対応の取り組みに対して支援を行うものになります。

1.補助対象施設

都内の民間美術館・博物館等

2.補助対象事業

1.多言語対応の改善・強化

・パンフレット・ホームページ等の広報物の多言語化
・音声ガイド機器の導入
・案内板・展示解説等の多言語化
・職員・ボランティアの育成

2.情報通信技術の活用

・無線LAN環境の導入
・デジタルサイネージの導入
・通訳アプリの導入

3.国際観光都市としての標準的なサービスの導入

・クレジットカードや電子マネー等の決済機器の導入

4.安全・安心の確保

・敷地内(建物の一部の場合には施設内)のバリアフリー化
・避難経路の多言語化

3.補助額

補助対象経費の2分の1以内、1施設当たり1,000万円を限度

詳細は、こちらの記事でも掲載しておりますので、合わせてご確認ください。
【平成31年度まで随時募集中!】観光施設のインバウンド受入環境整備で活用できる助成金とは?

参考:美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金

2.宿泊施設のインバウンド対応支援事業

この補助金は、5以上の宿泊事業者によって「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通大臣の認定を受けた場合に受給が出来る補助金になります。

2018年9月28日で受付が締切となってしまいましたが、現在概算要求案にて予算を要求中とのことで、来年度に予算が交付されれば、受付が開始されるとのことです。
今年度の要件は、下記になります。

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。