【中小企業経営者の方必見!】 働き方改革で得られる助成金とそのメリット

1.経営者を取り巻く現状

日本の労働環境を見直すべく政府主導で働き方改革が進められており、働き方改革関連法案もいくつかの項目については既に実施されています。

この表は愛知労働局が公開している、働き方改革関連法の大まかな施行スケジュールです。

参考:愛知労働局 働き方改革特設サイト
https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/news_topics/topics/2015/27629-01_00003.html

働き方改革は従業員にとってワークライフバランスを整えるなどの期待がある一方で、労働時間の規制など、経営者の皆さんにとっては事業についていろいろな変更を伴うことになるかと思います。

そこで、経営者の皆さんが働き方改革を行う際に強力なサポートとなりえる助成金についてご紹介します!

助成金は、単に金銭の補助という面だけではなく、御社が働き方改革に真摯に取り組んでいるということを「国が」認めたという証でもあり、それは会社のさらなる社会的信用の向上にもつながります。

2.働き方改革に関する助成金にはどんなものがある?

働き方改革に関する助成金は大きく以下の3つに分類されます。

1.時間外労働等改善助成金

これは、時間外労働の上限設定に取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成するものです。5つのコースに分かれており、

①時間外労働上限設定コース
②勤務時間インターバルコース
③職場意識改善コース
④団体推進コース
⑤テレワークコース

があります。

詳しくは下記の記事をご覧ください!

2.業務改善助成金

これは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引き上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

詳しくは下記の記事をご覧ください!

3.キャリアアップ助成金

これは、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進する為、正社員化、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。
労働者の意欲・能力を向上させて事業の生産性を高め、優秀な人材を確保するために、是非この助成金制度をご活用ください。

詳しくは下記の記事をご覧ください!

参考:厚生労働省 働き方改革特設サイト 助成金のご案内
https://www.mhlw.go.jp/hatarakikata/subsidy.html

3.まとめ

いろいろな変更を必要とする働き方改革。

しかしそれは従業員だけではなく、助成金という形で経営者の皆さんにも大きなメリットがあります!!

今回紹介したような助成金が、御社の発展の一助となれば幸いです!!

補助金ポータルでも相談等承っております。
是非お気軽にご相談ください。
https://hojyokin-portal.jp/inquiry/

専門家マッチングはこちら!
https://hojyokin-portal.jp/business_match/