鹿児島県の補助金・助成金一覧【2019年度】地域創生をはかる補助金等

いまも活発に活動している桜島は、九州で一番大きな県である鹿児島県のシンボルです。火山の噴火で出た火山灰などが積もってできたシラス台地では、サツマイモの栽培が盛んで、生産量も日本一です。今回はそんな鹿児島県の補助金・助成金情報を調べてみました。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

鹿児島県の起業を応援する「かごしま地域課題解決型起業支援事業」

鹿児島の地域課題を解決を目的として新たに起業する方に向けての起業支援金として鹿児島県より最大で200万円が補助される事業がはじまりました。

〔申請期間〕2019年11月5日~11月29日

〔公募対象〕

  1. 人事業の開業の届出,又は株式会社,合同会社,合名会社,合資会社,企業組合,協業組合,特定非営利法人等の設立を行い,その代表者となる者であること。
  2. 鹿児島県内に居住していること,又は事業期間完了日までに鹿児島県内に居住する予定であること。
  3. 個人事業の開業の届出,又は法人の登記を鹿児島県内で行う者。
  4. 訴訟や法令遵守上の問題を抱えていないこと。
  5. 申請者,又は設立される法人の役員が,暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力との関係を有する者ではないこと。
  6. その他,起業支援金を交付することについて,知事が不適当と認める事由を抱える者でないこと。

〔対象事業〕

これにおいては、鹿児島県が課題としていている、地域活性化やまちづくり、過疎市域の活性、社会教育、子育て支援、社会福祉、環境に関する事業などが対象となるようです。

〔対象経費〕

人件費,店舗等借料,設備費及び借料,原材料費,知的財産権等関連経費,謝金,旅費,マーケティング調査費,広報費,外注費,委託費等とかなり幅広い経費が認められているようです。起業をする上でもっとも重要である人件費などの補助が受けられるのもありがたいところです。

補助率が1/2以内ということですので、立ち上げ資金が現在200万円のかたは単純に200万円の補助を受けて事業を推進していくことが可能となります。注意点としては採択件数が10件程度であるという点と必要書類が多い点です。

https://www.pref.kagoshima.jp/af01/jinzai/kigyoshien2.html

鹿児島県中小企業経営バックアップ事業費補助金(BCP策定支援)

県内の中小企業者が事業継続計画(BCP)策定に取り組む事業を支援する補助金です。専門家報酬、BCP策定のための資料購入費、専門家委託料などが対象経費で、最大で50万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年8月26日~9月20日
〔公募対象〕県内に本社または事務所のある中小企業者
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:50万円

鹿児島県中小企業経営バックアップ事業費補助金(BCP策定支援)
http://www.pref.kagoshima.jp/af02/bcphojokin-nizikoubo.html

中小企業等外国出願支援事業

県内中小企業が国際的な事業展開や知的財産権侵害品への対応として行う外国への特許出願等を支援します。外国特許庁への出願手数料、代理人費用(現地・国内)、翻訳にかかる費用などが対象経費で特許出願の場合最大で150万円(助成率1/2以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2次募集 2019年8月5日~8月30日
〔公募対象〕県内の中小企業者およびそれらの中小企業者で構成されるグループ(構成員のうち、中小企業者が2/3以上を占めること)
〔補助内容〕助成率:1/2以内
特許出願:上限 150万円
実用新案・意匠・商標出願:上限 60万円
冒認対策商標:上限 30万円
1企業あたり助成金総額上限:300万円以内

中小企業等外国出願支援事業
https://www.kisc.or.jp/cat-sangyou/49773/

ものづくり先端技術(Iot・AI等)導入支援事業費補助金

県内の中小製造業者等が行う製品の試作・研究開発またはIoT・AI・ロボットを利用した生産性効率化の取り組みを支援します。対象経費は研究開発型は試作・改良に要する経費、生産効率化型はIoT、AI等の設備投資にかかる経費となります。最大で100万円(補助率2/3以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年4月15日~10月31日 ※各月末締め切り(予算がなくなり次第終了)
〔公募対象〕県内の中小企業者や新たに創業を目指す個人およびそのグループのうち、製造業を営む者(今後製造業を営もうとする者を含む)
〔補助内容〕補助率:2/3以内 上限:100万円

ものづくり先端技術(Iot・AI等)導入支援事業費補助金
https://www.pref.kagoshima.jp/af03/sangyo-rodo/syoko/shinko/iot.html

新事業研究開発助成事業

県内の中小企業等の技術高度化の取り組みを支援します。新技術・新製品の開発、生産工程の合理化および製品の高付加価値化、地域資源の活用などが助成対象となります。最大で300万円(助成率2/3)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2019年4月1日~5月10日(今年度は終了)
〔公募対象〕県内の中小企業等
〔補助内容〕助成率:2/3以内 上限:300万円

新事業研究開発助成事業
https://www.kisc.or.jp/outline/div-renkei/project/kenkyukaihatsu/

食のプレミアム商品開発支援事業補助金

県内の食品製造業者等が本事業に専属で従事する「専属人材」を活用して行う、国内外市場のニーズに対応した新商品開発や販路開拓などの取り組みを支援します。人件費や事業費が対象経費で、最大350万円(補助率7/10)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年4月5日~5月7日(今年度は終了)
〔公募対象〕県内の食品製造業者等のうち、食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業に該当する者 ※その他、従たる業務で食品加工を行う者も含む
〔補助内容〕補助率:7/10以内 上限:350万円

食のプレミアム商品開発支援事業補助金
https://www.kisc.or.jp/cat-soumu/48835/

起業家スタートアップ支援事業

県内で卸売業、小売業、サービス業を起業予定の方または起業後2年未満の方に対し、店舗改装費や広告宣伝費などにかかる経費を支援するものです。最大で100万円(補助率2/3以内)の補助金が交付されます。なお、若者(30歳未満)、女性、県外からの移住者などは採択にあたり一定の配慮がされます。

〔申請期間〕2019年4月8日~5月10日(今年度は終了)
〔公募対象〕県内で2020年2月14日までに起業予定の方、または起業後2年未満の方
〔補助内容〕補助率:2/3以内 上限:100万円

起業家スタートアップ支援事業
https://www.kisc.or.jp/cat-sangyou/48935/

重点業種研究開発支援事業

県の重要産業分野である「自動車、電子および新成長分野(環境・新エネルギー・健康・医療・バイオ・航空機)」に関連の新技術や新製品の研究開発を支援します。原材料費、機械装置などの購入費、人件費、外注加工などの経費が対象で最大で400万円(助成率2/3以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2019年4月5日~5月15日(今年度は終了)
〔公募対象〕県内の中小企業等
〔補助内容〕助成率:2/3以内 上限:400万円

重点業種研究開発支援事業
https://www.kisc.or.jp/outline/div-renkei/project/jutengyoshu/

かごしま発イノベーション創出支援事業補助金

県が抱える地域産業の課題解決のために、大学や企業の研究者を中心としたワーキンググループが行うイノベーションの創出などにつながる基礎的調査・研究(試作等含む)を支援します。最大で50万円(補助率10/10)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年4月15日~5月24日(今年度は終了)
〔公募対象〕1者以上の大学等研究機関の研究者と1者以上の県内中小企業者で構成されたワーキンググループ
〔補助内容〕補助率:10/10以内 上限:50万円

かごしま発イノベーション創出支援事業補助金
http://www.pref.kagoshima.jp/af03/31innovation/31kagosimahatuinnovation.html

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。