環境省の採択状況まとめ!主な省エネ補助金の採択内容を調べてみた【2019年7月度】

主だった補助金の申請は6月までにその多くが締め切りを迎え、今後、続々と採択結果が発表されるシーズンに移ってきました。

今回は省エネ関連の補助金でも真っ先に採択結果が公表された環境省の主な省エネ補助金について採択結果を紐解き、各補助金でどのような事業者が採択に至っているのかをまとめてみました。

2019年度環境省_省エネ補助金の採択事業の傾向

省エネ関連の補助金は経産省や国交省などでも実施されていますが、中でも環境省は”地球温暖化対策”をキーワードに”CO2排出量削減”を目的に様々な視点での補助金が実施されています。

『ZEB』や『L2-Tech』といった最先端技術の普及促進から、『テナントビル』や『国立公園』内施設など様々な要因で省エネの普及が遅れがちなところをターゲットにしたものなどが今年度実施されました。

また”CO2排出量削減”に重きが置かれているため、熱源機器への施策が多かったり、企業規模に関わらず採択されているのも特徴といえるかと思います。

今年度の具体的な採択事例としては、空調設備に関する改修や燃料転換の為の設備更新などが多く採択されておりました。省エネ設備改修の大部分を占める照明のLED化については、各補助金の要件によりLED照明化単独での事業は無く、他設備の更新と合わせて実施されているようです。

採択されている業種としては、熱利用の多い医療機関や福祉施設が他の省エネ補助金に比べると多めに採択されている印象です。また大きな”CO2排出量削減”効果が見込める大企業の工場施設や複数拠点での事業も採択されていました。

採択事業所の所在地を見てみると比較的、東京、大阪、愛知といった都心部は少なく、地方での採択が目立つのも環境省の補助金の特徴と言えるかもしれません。『ZEB』などで太陽光発電システムを導入する場合には広い土地が必要になったり、エネルギー源(燃料)の転換は比較的地方部の方が実施しやすいことなどが要因として挙げられるかと思います。

それでは、各補助金の採択状況について下記をご覧ください。

参考
1.ASSET事業採択結果
https://www.asset.go.jp/info/index

2~5.二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金採択結果(SERA実施分※静岡県環境資源協会)
http://www.siz-kankyou.jp/2019co2_201904031320596.html

6~8二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金採択結果(GAJ実施分※温室効果ガス審査協会)
https://www.gaj.or.jp/eie/rule/entry.html

 

1.ASSET事業(先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業)

本年度で8回目を迎えたASETT事業では、平成26年の114件に次いで過去2番目の多さとなる100件が採択されました。

事業全体で掲げたCO2排出削減目標の達成に向け、参加者による排出枠の調整と確実な排出削減を目的とするL2-Tech認証製品等の低炭素機器の導入を支援する制度で、企業の単独参加と、複数企業でのグループ参加が可能です。

採択件数:100件
単独参加(事業場):44件
単独参加(工場) :44件
グループ(事業場):5件
グループ(工場) :7件

採択者の傾向:
CO2排出枠への登録が必要だったりと仕組みが複雑な制度でもあることから、採択者の過半数が大企業またはそのグループとなっています。

業種としては製造業(工場)が最も多く、療法人や福祉法人、大規模な宿泊施設等も一定の割合となっています。

この補助金では環境省の省エネ技術指針「L2-Tech」の認証を受けた製品の導入が必要で、採択案件では、工場はボイラーやヒートポンプ、コージェネレーションなどの燃料転換に伴う設備の入れ替えが多く、その他の事業では”省エネ化事業”として施設全体での施策となっており、恐らく空調設備や給湯設備のの更新、LED照明の導入が実施されているものと思われます。

ASSET事業HP(環境省特設サイト)
https://www.asset.go.jp/outline

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。