埼玉県川越市限定!助成金・補助金一覧【2019年度】

埼玉県川越市限定の助成金・補助金一覧です。

1、商店街振興事業でもらえる補助金【川越市商店街振興促進補助金】


【概要】
川越市内商業の振興のため、商店街等が設置する共同施設や共同事業にかかる経費に対し補助金を交付しています。各種補助金の交付を希望する場合は、事前に産業観光部 産業振興課 商業振興担当まで必ずご連絡ください。(予算の都合上、ご要望に添えない場合もあります。)

【共同施設】①商店街等共同施設の新設・増設・移設事業及び改修事業

【事業内容】
水銀灯・蛍光灯・LED等の照明施設、防犯カメラ等の防犯施設、カラー舗装等による路面整備、放送施設、壁面後退等により設置する開放施設等の新設・増設・移設又は改修
【補助額と補助対象経費】
(1)事業費(既存施設の撤去費及び土地購入費等を除く) ・・・補助率1/3、補助上限2,000万円
(2)照明施設の新設・増設 ・・・補助率1/3、1基あたり10万円※LED街路灯のみ1基あたり15万円
(3)照明施設の移設・改修・・・・補助率1/3、1基あたり10万円

【共同施設】②照明施設等の維持管理事業

【事業内容】
照明施設等の電気料
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限100万円

【共同施設】③駐車場又は駐輪場の建設・改修・運営事業

【事業内容】
駐車場又は駐輪場の建設・改修又は運営(用地借上)
【補助額と補助対象経費】
(1)建設 ・・・補助率1/3、補助上限2,000万円
(2)改修 ・・・補助率1/3、補助上限1,000万円
(3)運営(用地借上) ・・・補助率1/3、補助上限100万円

【共同施設】④以下規定の認定を受けて行う国の補助対象事業

「中小小売商業振興法第4条第1項」、「中心市街地の活性化に関する法律第9条第7項」または「商店街の活性化のための地域住民の需要に応じた事業活動の促進に関する法律第4条第1項」で規定する認定。
【事業内容】
照明施設、街路整備、アーケード、チャレンジショップ等の施設の整備又は宅配事業、買物サポート、地域イベントの実施等
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限3,000万円
※国から当該事業を実施するために補助金を受給する場合は、当該受給額を差し引く

【共同施設】⑤県要綱の適用を受けるこの表に掲げる事業

【事業内容】
商店街の来街促進及び個店の売上増加を図るために設置・改修する施設に関するものであることその他県要綱に規定する要件を満たすもの
【補助額と補助対象経費】
区分に応じ、それぞれ同表の補助額の欄に定める金額

【共同施設】⑥前各号に定めるもののほか、特に市長が必要と認める事業

【事業内容】
商店街等の近代化、振興等に寄与する施設の設置に関するもの
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限1,000万円
※既存施設の撤去費及び土地購入費等は除く

【共同事業】①共同販売促進事業

【事業内容】
商店街等が行う売出し、イベント、サービス券発行等の各種販売促進事業
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限45万円

【共同事業】②商店街等近代化整備計画事業

【事業内容】
商店街等の振興及び近代化を目的として行う各種診断若しくは調査又は商店街等の整備事業計画・設計等
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/2、補助上限1,000万円

【共同事業】③商店街等法人化事業

【事業内容】
事業協同組合、商店街振興組合等法人組織の設立
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/2、補助上限10万円

【共同事業】④IT化推進事業等

【事業内容】
インターネット・ホームページの作成、電子商取引業務を行うためのソフトウェアの導入事業等
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限100万円

【共同事業】⑤地域商品券発行事業

【事業内容】
商店街等が行う地域商品券発行事業
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限300万円

【共同事業】⑥前各号に定めるもののほか、特に市長が必要と認める事業

【事業内容】
商店街等の近代化、振興等に寄与するもの
【補助額と補助対象経費】
事業費・・・補助率1/3、補助上限100万円
詳細はこちら:川越市商店街振興促進補助金について

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

2、事業承継に伴う改修等でもらえる補助金【川越市事業承継店舗改修等補助金】

【概要】
市内事業者の円滑な事業承継による商業の振興を図るため、事業承継をする方が行う店舗の改修又は設備整備に要する費用の一部を補助しています。予算に限りがあるため、申請前に受付の可否について事前確認を行ってください。

【補助額】
補助率1/3、補助上限40万円
※市外業者が店舗の改修又は設備整備を行う場合は、上限30万円

【申込受付期間】
2019年7月3日~予算終了まで

【補助対象経費】
店舗の改修費(店舗の設計費、デザイン費、修繕費等)
店舗の設備整備費(設備の購入費・修繕費、関連機器費等)

【申請条件】
補助金の交付決定前に工事に着手していないこと
2020年2月28日までに完了する工事であること
市が実施する他の助成制度を利用していないこと
建築基準法その他の法令に違反していないこと

詳細はこちら:川越市事業承継店舗改修等補助金について

3、空き店舗対策でもらえる補助金【川越市商店街空き店舗対策事業補助金】


【概要】
川越市内の空き店舗の利活用を促進し、商店街の振興及び活性化を図るため、空き店舗を活用して行う事業に対し、補助金がもらえます。

【補助額と対象経費】
■改修等の経費 ・・・補助率1/3、補助上限40万円 ※初年度のみ1回
■賃借料(敷金・礼金を除く)・・・補助率1/2、補助上限5万円/月  ※12カ月間以内

【申込受付期間】
2019年4月1日~予算終了まで (今年度は終了)

【補助対象事業】
商店街が実施する共同事業
新規出店者が行う小売業、飲食業又はサービス業
その他商店街又は新規出店者が行う事業で、商店街の振興及び地域の活性化に寄与すると市長が認める事業

【補助対象物件】
「川越市商店街等空き店舗情報登録制度」に登録されている物件のうち、過去に商業の用に供され営業していた実績があり、3箇月以上事業が行われていない状態が継続している物件

詳細はこちら:川越市商店街空き店舗対策事業補助金について

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望