50歳以上の有期契約を無期に転換して1人あたり60万円!高年齢者無期雇用転換コースについて調べてみた!

有期契約労働者等を正規雇用または無期雇用に転換する場合に活用できる助成金は「キャリアアップ助成金」の正社員化コースが有名です。たとえば、有期雇用から無期雇用への転換だと1人あたり28万5,000円(生産性要件を満たす場合は36万円)が助成されます。

キャリアアップ助成金とは別の助成金で、50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換した場合、1人あたり48万円(生産性要件を満たす場合は60万円)がもらえる助成金があるのを皆さまご存知でしょうか?
「50歳以上の有期契約労働者を雇用している」「高年齢の有期契約労働者を無期雇用に転換することを検討している」これらに当てはまる方は、65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)が活用できるかもしれません!さっそく詳しくみていきましょう!

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)とは

「高年齢者無期雇用転換コース」は、高年齢者が年齢に関わりなく働くことができるような社会の実現に向けて、高年齢者の雇用の推進を図ることを目的とした「65歳超雇用推進助成金」の1つです。高年齢の有期契約労働者を、より安定した雇用形態である無期雇用に転換する事業主に対して助成します。

65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)【対象となる労働者】

それではまず、どのような労働者が助成の対象になるのかをチェックしましょう。50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者なら誰でも対象になるかというと、そうではありません。

(1) 支給対象事業主に雇用される期間(平成25年4月1日以降に締結された契約に係る期間)が、転換日において通算して6か月以上5年以内で、50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者であること
(2) 転換日において、64歳以上の者でないこと
(3) 派遣労働者でないこと
(4) 有期労働契約が繰り返し更新され5年を超え、労働契約法第18条に基づき、労働者からの申込により無期雇用労働者に転換した者でないこと
(5) 無期雇用労働者として雇用することを約して雇い入れられた有期契約労働者でないこと
(6) 転換日の前日から過去3年以内に、当該事業主の事業所において無期労働者として雇用されたことがない者であること
(7) 無期雇用労働者に転換した日から支給申請日の前日において、当該事業主の事業所の雇用保険被保険者であること

引用:2019高年齢者無期雇用転換コース支給申請の手引き

こうしてみると、細かい注意点がありますね。
50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者であること加えて、まず雇用期間が転換日時点で6か月以上5年以内であり、64歳以上ではないことが条件です。
そのほか、「労働者から労働契約法第18条に基づいて無期転換への申し込みがあった」「雇い入れ時に無期雇用労働者として雇用することが約束されていた」といった理由による転換の場合は対象外になることがわかります。今は有期契約労働者でも、事業所内で過去3年以内に無期労働者として雇用されたことがある場合も対象外となりますのでお気をつけください。

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。