9月20日から第2回受付開始!最大300万円が助成される三菱UFJ技術育成財団の「研究開発助成金」とは

公益財団法人三菱UFJ技術育成財団では、技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の研究開発に対し助成金を交付しています。この助成金は交付決定時に前払いされるという特徴があり、資金負担を軽くしたい方におすすめです。今年度の第2回目の公募は9月20日から10月20日までと始まったばかり!さっそく詳細をみていきましょう。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

1、研究開発助成金について

三菱UFJ技術育成財団は中小企業の育成を通じて、産業の発展ならびに中小企業の経営高度化に貢献することを目的とし、その目標達成のための事業の一環として、新技術、新製品等の研究開発に対する助成金の交付事業を行っています。
(ちなみに、三菱UFJ技術育成財団では研究開発助成金交付に加え、より長期的な支援を目的とした株式保有事業も行っています。)

2、応募資格者

研究開発助成金に申し込むことができるのは、以下の要件を満たす方となります。

●原則として設立または創業後もしくは新規事業進出後5年以内の中小企業者または個人事業者で、優れた新技術・新製品を自ら開発し、事業化しようとする具体的計画を持っている者

助成金を受けようとするプロジェクトを始めてから5年以内であれば、設立後10年が経っていても応募することができます。個人でも応募可能で、申請の段階で会社に勤務していても今後独立をして起業の計画がある場合は申し込みができます。また応募企業の業種に制限はなく、全ての業種が応募可能となっています。

3、助成対象プロジェクト

次にどのようなプロジェクトが助成対象か確認しましょう。

●現在の技術からみて新規性があるもので、原則として2年以内に事業化の可能性があるもの
●新技術・新製品および関連する設備・部品・原材料等の開発に関するもので、産業経済の健全な発展と国民生活の向上に資すると認められるもの

以上をすべて満たすプロジェクトが助成対象となります。ちなみに他の助成金制度との併願が可能で、ほかの助成金の交付を受けていても審査に影響はないとしています。既に採択を受けた優れたプロジェクトをお持ちでしたら、応募してみるのも良いかと思います。

4、助成金の額、使途等について

助成金として、次のいずれか少ない方の金額が交付されます。
●1プロジェクトにつき300万円以内
●研究開発対象費用の1/2以下

また助成金の使途は「研究開発のために必要な調査研究費、設計費、設備費、試験費、施策費等」となっています。なお、経常的な人件費は対象外ですが、研究開発を進める上で必要な応援者に支払われる人件費や外注等で発生する人件費は対象となります。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。