宮城県の補助金・助成金一覧【2019年度】被災した中小企業者を支援する「食産業ステージアッププロジェクト」など

東北地方で一番人口の多い県である宮城県。県庁所在地の仙台市は東北の行政・経済の中心地といわれています。また、米作りが盛んな県であり「ひとめぼれ」「ササニシキ」という品種が有名ですね。沿岸にたくさんの漁港があり、水産業も盛んです。今回は宮城県でどのような補助金・助成金がみつかるか調べてみました。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

宮城県の補助金:「みやぎの食復興支援事業」 補助金

震災により販路を失った県内の中小食品製造業者等が行う、新商品開発やマーケティング活動、人材育成などを支援するもので、補助対象事業の「商品づくり」と「販路開拓活動」は必須となっています。最大で120万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕3次募集 2019年8月19日~10月21日
〔公募対象〕県内の中小企業者、事業協同組合、商工組合など
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:120万円

「みやぎの食復興支援事業」 補助金
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syokushin/2019syokufukkou.html
チラシ
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/750980.pdf

宮城県の補助金:宮城県中小企業等外国出願支援事業

県内中小企業者が外国出願する際の経費の一部を支援する補助金です。申請時点において、既に日本国特許庁に対し特許・実用新案・意匠又は商標出願済であり、年度内に外国特許庁へ同一内容の出願を行う予定の案件が対象となります。対象経費は外国特許庁への出願料、外国出願に要する代理人費用(現地・国内)、翻訳費用などで、特許出願の場合最大で150万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕第2期 2019年10月10日~10月25日
〔公募対象〕県内の中小企業者およびそれらの中小企業者で構成されるグループ等
〔補助内容〕補助率:1/2以内
特許出願:上限 150万円
実用新案・意匠・商標出願:上限 60万円
冒認対策商標:上限 30万円
※複数案件の場合1企業に対する上限額 300万円

宮城県中小企業等外国出願支援事業
https://www.joho-miyagi.or.jp/pickup/24320

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。