新潟県の補助金・助成金一覧【2019年度】新潟のお酒を補助するものからベンチャーまで幅広く地元経済を応援する補助金12選

米どころとして知られる新潟県では、米に関連してせんべいなどの米菓や日本酒の生産が盛んですが、鉱工業も発達しており、刃物や洋食器などの金属加工業で有名な燕市、三条市では国内の金属食器のほとんどが作られています。今回は新潟県の補助金・助成金情報を調べてみたいと思います。どのような情報がみつかるでしょうか。

1、新潟清酒海外ブランド価値向上事業補助金

外国人を対象とした新潟清酒の認知度向上のための取り組みや、国際コンテスト等出品、海外への輸出に向けた取り組みなどの経費の一部を補助します。たとえば酒蔵をめぐる新規ツアーの企画やホームページの多言語化などが対象事業で、最大25万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕随時(予算がなくなり次第終了)
〔公募対象〕県内の酒造会社
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:25万円

新潟清酒海外ブランド価値向上事業補助金
http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1356913252916.html

2、スタートアップ拠点支援事業

起業希望者に対し起業・創業の相談対応や支援機関の紹介等を行い、コワーキングスペースやレンタルオフィス等の起業スペースを提供する「スタートアップ拠点」を民間企業が新たに運営する際、経費の一部を支援する事業です。最大で200万円(助成率2/3以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2019年6月13日~9月30日
〔公募対象〕起業希望者等を支援するため、新潟県内でスタートアップ拠点を新たに運営する民間事業者
〔補助内容〕助成率:2/3以内 上限:200万円

スタートアップ拠点支援事業

2019年度:スタートアップ拠点支援事業(助成金)

3、経営革新型事業承継応援事業費助成金

県内の中小企業が、事業承継を機に新分野進出等の経営革新を行う際の、経営計画の策定に関する経費の一部を助成するものです。専門家への委託費、謝金などが対象経費で、最大30万円(助成率1/2以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕随時受付
〔公募対象〕県内の中小企業者で、2018年4月1日から2022年3月31日の間に事業承継を行った、または行うことを予定している者
〔補助内容〕助成率:1/2以内 上限:30万円

経営革新型事業承継応援事業費助成金

2019年度:経営革新型事業承継応援事業費助成金

4、U・Iターン創業補助金

U・Iターンによる移住・定住および起業を促進するため、新規創業に必要な経費の一部を支援します。一般枠と地域課題解決枠があり、地域課題解決枠の場合、「県が指定した地域資源を活用する事業」または「起業者を支援する事業」のいずれかの事業で起業する必要があります。最大200万円(助成率1/2以内)が助成されます。

〔申請期間〕2019年5月10日~11月29日
※申請には、創業予定地域の商工会・商工会議所、金融機関から「確認書」の発行を受ける必要があります「確認書」発行のための商工会などへの申請期限は11月22日です。
〔公募対象〕U・Iターンにより新潟県に移住し起業する方、もしくは進学・就業のため県外から転居してきた県外出身者で、県内で起業する方(2020年2月29日までに起業すること)
〔補助内容〕
・一般枠 助成率:1/2以内 上限:100万円 下限:50万円
ただし、1人以上の新規雇用を伴い対象経費が200万円を超える場合は、上限300万円
・地域課題解決枠 助成率:1/2以内 上限:200万円 下限:50万円

U・Iターン創業補助金

2019年度:U・Iターン創業補助金

5、「UIJターン人材」確保のための費用補助事業

都市部の企業から県内企業への転職を支援し、県内企業のUIJターン人材※の確保をするため、県内企業が行うUIJターン人材の「お試し雇用・就業」や「試用期間を設けた正式雇用」の実施にかかる費用を補助します。最大で100万円(補助率1/2以内)が交付されます。

※UIJターン人材とは、企業等での事業企画・運営などの実績(5年以上の実務経験)を有し、かつ受入企業において事業創出力の強化に繋がるような活躍が期待できる人材

〔申請期間〕2019年4月1日~2020年1月31日(予算終了まで)
〔公募対象〕県内の中堅・中小企業等で「UIJターン人材」を新潟県外から雇い入れようとする者
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:100万円

「UIJターン人材」確保のための費用補助事業
http://www.pref.niigata.lg.jp/roseikoyo/1356815178536.html

6、新潟県新エネルギー産業参入・育成促進事業補助金

県内企業が太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、水力発電、地熱発電、などの新エネルギー分野に参入するための研究開発、実証試験または調査を行う際の経費の一部を補助します。最大で500万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕再募集 2019年7月16日~9月13日
〔公募対象〕
・開発補助と調査補助(市場性調査)の対象者は、以下のいずれかに該当する者
①大学等と共同で研究開発または実証試験を実施する県内の企業または団体
②県内企業を含むグループ
・調査補助(実証環境調査)の対象者は、県内の実証試験を行う事業者等
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:500万円

新潟県新エネルギー産業参入・育成促進事業補助金
http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1356916110533.html

7、建設企業経営革新支援事業

県内の建築関連企業が、新分野への進出や新技術・新工法の開発に取り組む際の経費の一部を助成するものです。調査費、原材料費、機械装置・工具器具整備費などが対象経費で、最大200万円(助成率1/2以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2019年6月27日~8月20日
〔公募対象〕県内の建設企業、建設関連企業及びそれらを含むグループ
〔補助内容〕助成率:1/2以内 上限:200万円

建設企業経営革新支援事業

2019年度:建設企業経営革新支援事業

8、ベンチャー企業創出事業助成金

独創的な技術やアイデアをもとに創業する者および創業間もない中小企業が取り組む、県内企業の活性化につながるような事業を支援するもので、最大で500万円(助成率2/3以内)の助成金が交付されます。

〔申請期間〕2次募集 2019年7月4日~8月5日
〔公募対象〕創業事業計画に基づき県内で創業する者、または、県内に本社があり、創業事業計画に基づく事業を営み、決算を5期終えていない中小企業者
〔補助内容〕助成率:2/3以内 上限:500万円

ベンチャー企業創出事業助成金

2019年度:ベンチャー企業創出事業助成金

9、海外展開トライアルサポート事業費助成金

海外への輸出に初めて取り組む企業や、経験が浅い企業を対象に、海外市場調査や見本市・展示会出展などに要する経費の一部を支援します。旅費、通訳・翻訳費などが対象経費で、
最大50万円(助成率1/2以内)の助成金が交付されます。この助成金の利用は通算3回までとします。

〔申請期間〕2次募集 2019年8月30日まで
〔公募対象〕県内の中小企業で海外展開の経験がない、または過去3年間輸出額がゼロの者〔補助内容〕助成率:1/2以内 上限:50万円

海外展開トライアルサポート事業費助成金

2019年度:海外展開トライアルサポート事業

10、海外展開加速化支援事業

県内の中小企業が優れた商品・製品・サービスの輸出を拡大するため、海外での市場調査および販路開拓を行う際の経費の一部を支援します。助成期間は最長2年で、市場調査の対象国および見本市の出展回数は複数でも利用可能です。最大で800万円(助成率1/2以内)の助成金が交付されます。なお、本事業と「9、海外展開トライアルサポート事業費助成金」の両者に申請することはできません。

〔申請期間〕2次募集 2019年8月30日まで
〔公募対象〕①地域中核企業またはそれを含むグループ②中小企業者(コンソーシアムを含む)
〔補助内容〕助成率:1/2以内 上限:800万円

海外展開加速化支援事業
https://www.nico.or.jp/sien/hojokin/33701/
チラシ
https://www.nico.or.jp/wp-content/uploads/2019/07/673591a9f764b4ca039e773a25d87d0b.pdf

11、新潟県地域再生可能エネルギー面的活用促進事業補助金

再生可能・次世代エネルギーの活用を促進するため、地域単位で再生可能エネルギー等設備(太陽光発電、風力発電等)の導入に向けた計画策定を支援するものです。最大で500万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕再募集 2019年7月16日~9月13日
〔公募対象〕県内に事業所を有する民間事業者又は団体及びそれらを構成員とする事業体
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:500万円

新潟県地域再生可能エネルギー面的活用促進事業補助金
http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1356916119227.html

12、新潟市 創業サポート事業

新潟市で新たに事業活動を行う個人やグループ、中小ベンチャー企業の事務所賃料を助成するものです。限度額は月額3万円(補助率1/3)ですが、情報通信関連産業、UIJターン者、特定創業支援者の場合、初年度は月額最大5万円(補助率1/2)が助成されます。情報通信関連産業は3年以内、その他の産業は1年以内が補助金交付期間になります。

〔申請期間〕2019年6月1日~8月18日
〔公募対象〕新たに事業活動を行う個人、グループ又はベンチャー企業で今後、創業しようとするもの、または創業から3年未満のもの
〔補助内容〕
・情報通信関連産業 (初年度)補助率:1/2以内 上限:月額5万円 2年度以降は以下と同じ
・その他の産業 補助率:1/3以内 上限:月額3万円

新潟市 創業サポート事業
https://www.city.niigata.lg.jp/business/shoko/shokoshien/sogyoshien/h29sougyousapouto.html

まとめ

今回は新潟県の補助金・助成金情報を調べてみました。気になる補助金はございましたか。たとえば「U・Iターン創業補助金」や「ベンチャー企業創出事業助成金」は新潟県で創業をお考えの方に活用していただきたい補助金です。新潟市には独自の創業サポート事業もありました。また、初めての海外展開をお考えの際には、経験が浅い企業が対象の「海外展開トライアルサポート事業費助成金」がおすすめです。こちらの助成金は3回利用した後は、より大きな規模で使える「海外展開加速化支援事業」の申請が可能になります。これから海外市場に力を入れていこうとお考えでしたらこれらの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。
補助金・助成金を活用して、ビジネスチャンスをつかんでくださいね。ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。