1. 補助金ポータルTOP
  2. 士業ブログ
  3. 企業にとっての「BCP」策定の必要性

企業にとっての「BCP」策定の必要性

1、BCPとは

  BCPとは、事業継続計画(Business Continuity Plan)の頭文字を取った略を言います。
  企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

2、策定の必要性

  企業が大地震などの緊急事態に遭遇すると操業率が大きく落ちます。何も備えを行っていない企業では、事業の復旧が大きく遅れて事業の縮小を余儀なくされたり、復旧できずに廃業に追い込まれたりするおそれがあります。
  一方、BCPを導入している企業は、緊急時でも中核事業を維持・早期復旧することができ、その後、操業率を100%に戻したり、さらには市場の信頼を得て事業が拡大したりすることも期待できます

3、策定の効果

  以上のように、事業継続の取組を進めれば、その企業自身のみならず、取引による連鎖的な影響も最小限に止めることも可能となり、災害などによる間接的被害を減らすことができます。
  また、こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながるとともに、企業の社会的責任への貢献、変化に強い企業体質への変革、事業の見直しの促進などにつながります。
  更に、雇用の維持による社会不安軽減、取引停止による連鎖的影響抑制など、地域経済・社会の安定につながることが期待できます。  以上

【参考】
「中小企業BCP策定運用指針」(中小企業庁)
「鳥取県商工労働部商工政策課HP」(鳥取県)

☑お問い合わせ先(松田史男行政書士事務所)

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
ITトレンド_IT導入補助金
会員登録
補助金顧問
LINE登録
専門家パートナー募集中
補助金ポータル公式アカウントLINE@ クリックして友達追加する