宿泊施設を外国人旅行客向けに設備改修するともらえる「旅館等受入環境整備補助金」とは

2020年東京五輪・パラリンピック開催決定による国際的な注目度の高まりなどを背景に、日本を訪れる外国人観光客も増えて、ホテルや旅館などの宿泊施設の需要も高まっていますよね。
京都市のまとめによると、2016年1年間で京都市を訪れた宿泊客は318万人で過去最高を記録したことが分かっています。訪日外国人の急増で宿泊施設の需要が高まり、去年10月時点で京都市の客室は1万室不足していて、市内中心部では建設ラッシュが続いています。

今後も外国人観光客の増加が見込まれる中で、宿泊施設の不足だけでなく、多様化する宿泊ニーズへの対応も必要です。外国人観光客の取込強化のためには、多言語化や、外国人旅行者に対応可能なクレジットカード決算端末導入、Wi‐Fiの設置、外国人の体格に見合う、ドア・天井の高さ改修などの対応が求められています。
外国人観光客はもちろん、訪れる方々に便利で安心できる宿泊環境を整えるために補助金がでるので、検討してみてはいかがでしょうか。

1.「旅館等受入環境整備補助金」とは?


「旅館等受け入れ環境整備補助金」とは、訪日外国人の受入の促進を目的としてできた補助事業です。施設設備改修などの環境整備を行う旅館等中小企業者に対して、経費の一部の補助を受けることができます。

参考:平成29年度 旅館等受入環境整備補助金 二次募集のお知らせ

2.応募資格

1.対象事業主

(1)法人または個人事業主の範囲

資本金の額、または従業員数のいずれか一方を満たす、下表の会社または個人事業主が対象です。

※旅館業とは
「ホテル営業」、「旅館営業」、「簡易宿所営業」および「下宿営業」を指します。
旅館業の詳細については、旅館業法よりご確認ください。

(2)京都府内の民間宿泊施設

旅館営業または簡易宿所営業(旅館業法第3条第1項規定)の許可を受けて、
次の①~③を行う民間の宿泊施設。

①ホテル営業(旅館業法第2条第2項)
②旅館営業(旅館業法第2条第3項)
③簡易宿所営業(旅館業法第2条第4項)

(3)日本国内に居住していること

応募者が外国籍の個人事業主の場合は、国内への居住が条件です。

2.訪日外国人旅行客の受入に向けた取り組みを行うこと

おもてなし向上のための従業員の研修や、専門家からのアドバイスなど、訪日外国人旅行客の受入に向けた取り組みのうち、下表(抜粋)のいずれかを行う必要があります。

【取組項目一覧(抜粋)】

そのほかの詳しい取組項目については、応募要項をご確認ください。

取組項目「京都府優良宿泊施設認証制度」とは?

(ア)目的

外国人観光客や高齢者などに便利で安心できる宿泊環境を提供するとともに、旅館等の利用を促進して観光産業の振興を目的としています。
認証された宿泊施設には、認証ステッカーが交付され、入口に貼ることによって京都府から認定を受けた施設として差別化ができます。

(イ)認証基準

次の(a)~(c)の基準を満たすこと。
また、(a)~(c)の該当項目数に応じて、認証ステッカーが交付されます。

(a)全国旅館ホテル衛生同業組合連合会の提供する、全旅連損害保険やこれと同等な損害賠償保険制度に加入している

(b)近隣への迷惑防止のための取組を行っている

(c)下記①~③のうち、1つ以上に該当している
①外国人旅行者に対応可能な設備および環境を整えている
【具体例】
外国人旅行者に対応可能なWi‐Fiの設置、クレジットカード決算端末導入、外国語の施設案内など
②バリアフリーに対応している
【具体例】
浴室、トイレの手すり設置、トイレの洋式化および事故発生時用の連絡設備の設置など
③地域と共存、共栄するための取組をしている
【具体例】
地域での体験プログラム等のPR,地域イベントへの参加、地域との交流など

そのほかの詳しい応募要件などは京都府HPをご確認ください。

3.対象施設

京都府内に所在する施設が対象

旅館業法第3条第1項規定の許可を受け、不特定多数の者が利用できることが条件です。

4.対象事業


この補助事業は、訪日外国人旅行者受入のために実施する、施設設備改修事業(建物内部の改修に限る)が対象です。
ただし、老朽化による単なる補修(機能改善)のみの改修工事は対象外の為気をつけて下さい。

(1)トイレの洋式化

館内および客室を和式から洋式化にします。
ただし、既存トイレへのウォシュレットのみ新規設置は対象外です。

(2)客室の和洋室化

既存客室の和室を和洋室に改修、または洋室を和洋室に改修。
または、新たな和洋室や新たな洋室の設置と、それに伴うバスルームやトイレ設置を行うこと。

(3)ドア・天井の高さ改修

館内および客室内について、外国人の体格に見合う、ドア・天井の高さ改修を行うこと。

(4)多言語化

館内および客室内の案内表示を多言語化対応にすること。
ただし、デジタルサイネージ(電子的な表示機器の総称)によるシステム構築は対象外です。

(5)大部屋の個室化

個室化に伴うドアや鍵の設置、バスルーム・トイレの設置を行うこと。

(6)訪日外国人の特性にあわせた館内施設の設置

利用者特性(国籍、宗教、信条等)に応じたサービスの提供を行うこと。
例:茶室や礼拝室などの設置

5.対象経費

(1)改修工事施工費用

改修工事に伴う既存建物、設備等の解体撤去費用、処分費用、設計費用が対象経費です。

(2)改修の対象となる設備等の購入費用、設置費用

洋式トイレ便器、エアコンなどが対象ですが、建物と一体にならない設備等改修は対象外です。

6.募集期間

平成29年8月18日(金)~平成29年10月20日(金)まで

7.補助金額

30万円(下限)~150万円(上限)
また、補助率は対象経費(税抜)の15%以内です。

8.申請先


(公財)京都産業21企画総務部 補助金支援グループ が担当窓口です。
〒600‐8813
京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内
電話:075‐315‐8926
受付時間:午前9時~正午、午後1時から午後5時まで

提出は、郵送または持参で受付可能です。
ただし、募集期間締切日の17時を過ぎると申請自体が出来なくなるため注意してください。

9.手続きの流れ


提出書類の様式については、(公財)京都産業21ホームページからダウンロードしてください。

10.まとめ


いかがでしたか?
外国を旅行している最中に、母国語で歓迎の言葉をかけられて嬉しくない人はいないですよね。
簡単な挨拶だけでも、コミュニケーションがとれると嬉しいものです。
多言語化やWi‐Fi機能などの便利で安心できる宿泊環境への配慮を進めることや、外国人観光客を歓迎する街の人の温かさは、日本人が得意とするおもてなしの一つとして今後ポイントになっていくのではないでしょうか。
外国人観光客は、今後もますます増えると予想されています。
日本を好きになってもらうための「おもてなし」として、宿泊設備の整備をすすめ、満足度の高いサービスのための準備を検討してみませんか?

参考:平成29年度 旅館等受入環境整備補助金 二次募集のお知らせ