SDGs「目標3すべての人に健康と福祉を」達成に向けて、政府の補助金・助成金を紹介

国民の平均寿命が84歳を越え、今でこそ世界一の長寿大国とも言われている日本ですが、戦後間もない1950年頃の平均寿命は約61歳で、当時の先進国の中ではとりわけ低い水準にありました。

それから現在までの約70年の間に、20年以上も平均寿命が伸びている事になりますが、その大きな要因となっているのが、医療制度や安全基準等の見直しによる「健康と福祉」の充実です。

SDGsが掲げる「目標3すべての人に健康と福祉を」では、全ての国を対象に予防可能な新生児死亡の根絶、妊産婦の死亡率の削減、薬物乱用やアルコール依存の撲滅、道路交通事故による死傷者の半減など、健康と福祉に関する広範な社会問題の解決を目指しています。

今回の記事ではSDGsが掲げる17の主要目標の一つ「目標3すべての人に健康と福祉を」達成にむけて、日本人や日本企業が出来ること、その為の政府の支援制度について調べてみました。

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。