SDGs「目標6.安全な水とトイレを世界中に」達成に向けて、企業が活用できる補助金・助成金

普段日本人が当たり前に利用している「安全な水」や「水洗トイレ」ですが、この両者が完全に行き渡っているのは先進国の中でも日本やアメリカ等一部の地域に限られています。

今回紹介するSDGs「目標6 安全な水とトイレを世界中に」では、人が生きていく上で最も大切な「安全な水」の確保と、健康な生活を維持するために必要な「衛生施設」が全ての人に行き渡る事を最大の目標としています。

下記では目標達成に向けて必要とされている具体的な取り組みと、企業等が衛生施設(トイレ等)の導入に活用できる補助金・助成金について紹介します。

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

関連タグ