平成30年3月26日から申込開始!商店街起業・承継支援事業について調べてみた

都内の商店街で新規開業・既存事業の継承をお考えの方必見です!
店舗の改装費用や設備導入に必要な経費の一部を助成する制度があります。

1. 商店街起業・承継支援事業とは?

都内商店街で新規開業又は既存事業の後継を行う中小小売商業者が開業等をするに当たり、店舗の新装又は改装及び設備導入等に要する経費の一部を助成することにより、商店街における開業者や事業後継者の育成及び支援を行い、都内商店街の活性化を図るための制度です。

開業とは、開業予定個人の方が新規に店舗を開業する場合や、既存事業とは異なる分野へ進出する中小企業が新規に店舗を開設する場合を指します。

事業継承とは、中小企業の後継者が、都内の商店街で既存事業を引き継ぐ場合を指します。

2.助成内容は?

事業所整備費、実務研修受講費、新たに借りる場合の店舗賃借料に対して、上限はそれぞれ異なりますが、2/3の助成率で受給を受けることがでいます。
助成対象期間は交付決定日から1年間(店舗賃借は、交付決定から2年間)になりますので、それ以前にかかった費用については助成対象外となるため注意してください。

参考:東京都中小企業振興公社 商店街起業・承継支援事業

3.対象となる業種は?

下記業種が対象です。

①卸売業・小売業
②不動産・物品賃貸業
③宿泊業・飲食サービス業
④生活関連サービス・娯楽業
⑤教育・学習支援業
⑥医療・福祉
⑦サービス業(他に分類されないもの)

4.主な支給要件は?

大きく5つになります。

①申請のタイミングで商店街組織の代表者から、出店に関する承諾を受けること
②助成対象期間内に開業届を提出すること
※法人の場合は、助成対象期間内に登記の変更等を行うこと
③開業のタイミングで商店街組織に加入すること
④許認可を必要とする事業を行う場合は、助成対象期間内に取得する必要あり
⑤実務研修や経営知識習得にかかわる研修を過去3年以内に受講、もしくは助成対象期間内に受講する必要あり

4.申請のスケジュールは?

第1回~第3回までの受付を予定しているそうですが、予算終了次第締め切るとのことなので、早めの申請をおススメします!

システムでの申請と郵送での申請で期日が異なりますが、基本情報が主になるためシステム上での入力がスピーディーかもしれません。
第1回目のWEB申請での申込期間は、3/26(月)~4/6(金)を予定しています。

平成30年度 商店街起業・承継支援事業 申請申込フォーム

5.まとめ

商店街起業・承継支援事業について調べてみました。
新規で出店や既存事業の後継を行い開業等をする際に、店舗の新装費用や設備導入等に要する経費の助成を受けられる制度です。

事前に申請をし、交付決定を受けてからの事業開始になりますが、ちょうど第1回目の受付期間が2018/3/26~2018/4/6です。

第3回目まで受け付ける予定とありますが、予算の上限に達した場合に締め切りとなるそうなので、開業等をお考えの方(企業様)は、早めの申請をおススメします。

募集要項に詳細も記載があるので、是非チェックしてみてください。
平成30年度 商店街起業・承継支援事業 募集要項

補助金ポータルでも、助成金や補助金申請に関わる質問などを受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。
>助成金・補助金でお困りなら、まずは無料診断!

関連タグ