65歳以上の離職者を雇用してもらえる助成金!特定求職者雇用開発助成金(生涯現役コース)とは

皆さまは65歳以上の人材の雇い入れについてどのようにお考えですか?「体力や健康面が気になるので積極的に採用しようとは思わない」「経験豊富で即戦力になりそうなのでいい人がいれば採用したい」などいろいろな声が聞こえてきそうですが、日本政府は、年齢にかかわりなく高齢者を雇用することを進めていきたいと考えています。近年の少子高齢化の急速な進展で、若年就業者の採用が難しくなり人材や成長力の確保が課題となる中、豊富な経験や知識を有する高齢者が、意欲のある限り年齢にかかわりなく働くことができる社会の実現が重要になると考えているのです。
参考:高齢者の雇用促進に向けて

そこで今回は高齢者の雇用を進めるときに活用できる助成金のうち、65歳以上の離職者を雇い入れて1年以上雇用することで助成金がもらえる、特定求職者雇用開発助成金の「生涯現役コース」についてご紹介します。経験豊富な即戦力の採用や高齢者の採用に興味のある方はぜひご覧ください!

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

65歳以上の雇い入れに使える生涯現役コースとは

特定求職者雇用開発助成金とは、高年齢者や障害者などの就職が困難な者をハローワーク等の紹介により雇い入れる事業主に対して助成するもので、対象労働者などの条件により8つのコースに分かれています。
「生涯現役コース」はそのうちの1つで、雇用した日の年齢が満65歳以上である労働者の雇い入れを行う事業主に対し給付される助成金です。それでは助成金を受給するための要件を確認していきましょう。

65歳以上の雇い入れに使える生涯現役コースの【対象労働者】

65歳以上の方なら誰でも助成金の対象になるかというと、そうではありません。細かい所ですが、次のいずれにも該当する方が対象となります。
(1) 雇入れ日において満65歳以上の者であること
(2) 紹介を受けた日に、雇用保険の被保険者でない者
※(2)の雇用保険被保険者でない者とは、失業等の状態にある者のことをいいます。

65歳以上の雇い入れに使える生涯現役コースの【雇い入れの条件】

対象労働者を次の(1)と(2)の条件によって雇い入れることが求められます。
(1) ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること
(2) 雇用保険の高年齢被保険者として雇い入れ、1年以上雇用することが雇入れ時点で確実であると認められること

※(1)について、次の機関の紹介で雇い入れる必要があります。
・公共職業安定所(ハローワーク)
・地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
・適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者等
(2)について、1年以上雇用することが確実であるとは、期間の定めのない雇用または1年以上の契約期間の雇用を意味します。

65歳以上の雇い入れに使える生涯現役コースの【対象事業主】

厚生労働省の雇用関係助成金に共通の要件として、雇用保険適用事業所の事業主であることが必要です。また雇い入れた対象労働者の労働者名簿、賃金台帳、出勤簿等を整備・保管し、出勤状況や支払い状況等を明らかにする書類をいつでも労働局等に提出できるようにしておくことも求められます。

支給対象外となるケースもいくつか確認しておきましょう。次のような場合は助成金の支給対象外となってしまいます。
・対象労働者の雇入れ日の前後6か月間に事業主の都合による解雇(勧奨退職などを含む)がある場合
・ハローワーク等の紹介以前に雇用の予約があった対象労働者を雇い入れる場合
・過去3年間に事業所と関係のあった者、事務所で就労したことのある者を雇い入れる場合

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。