旅館が地域と連携して行う取り組みを支援!最大1,000万円もらえるTOKYO旅館ブランド構築・発信事業補助金とは?

旅館は外国人旅行者にとって和の文化とおもてなしを体験できる宿泊施設です。近年増加している外国人旅行者の多様な宿泊ニーズに対応するため、東京都では受入環境の整備に加えて、東京の旅館ブランドの構築と発信体制の強化を図ることを目指しています。今回は、最大1,000万円(補助率2/3以内)がもらえるTOKYO旅館ブランド構築・発信事業補助金について調べてみました。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

1、「Tokyo旅館ブランド構築・発信事業」とは?

旅館を中心とした地域の複数事業者で構成されたグループ(以下、地域グループ)が協力して行う、外国人旅行者誘致を目的とした新しいサービスの提供や付加価値の向上等の取り組みを支援する事業です。

2、支援対象者とは?

次の各号を満たす地域グループが支援対象者となります。

①東京都内で旅館を営む事業者を1者以上含んでいること
②東京都内において、①の旅館とその周辺地域等で営業する施設等を有する複数事業者をグループ構成員とすること

反社会的勢力、事業税などに未申告や滞納があるもの、営業に関して必要な許認可等を取得していないもの等はグループに含まないこととします。

3、どんな事業が支援対象になるの?

地域グループが行う外国人旅行者誘致を目的とした新しいサービスの提供や付加価値の向上等の取り組みが支援対象になります。以下に事業の想定例を記載します。

①外国人旅行者の宿泊に関するサービスの改善及び向上に係る取り組み
②滞在・回遊促進のためのサービス開発及び提供に係る取り組み
③情報発信、情報提供の充実強化に係る取り組み
④景観整備に向けた取り組み
⑤その他必要な旅館ブランドの構築に資する取り組み

たとえば①では地域グループ内の商店と連携した宿泊者に対する各種割引サービスの実施や、周辺施設マップの作成・提供等が考えられます。
②では旅館を中心に地域の観光スポットをめぐるモデルルートの造成、③では周辺の観光マップの作成・提供や、ICTを利用した観光情報の発信等が考えられます。上記はあくまでも例で、実際の事業内容は地域グループからの提案により決定されます。

4、補助率・補助限度額は?

補助率:補助対象経費の2/3以下
補助限度額:1グループあたり年間1,000万円を限度

補助期間は2019年~2021年度の3か年度以内とします。ただし、各年度の予算が可決された場合に確定するものとします。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。