販路を開拓したいなら?山梨県のブランドプロモーション支援事業費補助金について調べてみた

「ぶどう」や「ほうとう」で有名な山梨県!
東京からも車で2時間程度の距離にあるため、比較的観光に行ったことがある方も多いのではないでしょうか。
そんな山梨をもっともっと活性化するために、山梨県の方でブランドプロモーション支援事業費補助金という制度を行っているためご紹介します。

1. ブランドプロモーション支援事業費補助金とは?

山梨県のブランド力を高めるために行う、販路開拓の事業や、他の新しい事業活動の誘因となるような事業について、必要な経費の一部を補助する制度のことです。

例えば、
・展示商談会への出展や展示商談会の開催
・新規取引先開拓のための企業訪問
・販路開拓事業に関連したHP作成
・広告掲載等のPR等
が該当するようです。

2. 条件は?

1.補助対象事業

補助対象事業の条件は、大きく2つになります。

①産地ブランドの形成や産地イメージアップを推進する事業
②地域の優れた資源による地場産業製品等の販路開拓のために行う事業

2.補助対象者

補助対象者は、下記の3つです。

①地場中小企業者
(資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人であって、製造業を主たる事業として営み、かつ、県内に主たる事務所を有するもの)

②二つ以上の企業者の集まりであって、その構成員の3分の2以上が地場中小企業者であるもの

③地場中小企業者によって構成されている組合又は団体

3.補助限度額

補助限度額は、下記になります。

1補助事業250万円(海外展開を図る事業については300万円)
ただし、1地場中小企業者が行う海外販路開拓事業は200万円、その他の事業は150万円

補助率は、2分の1以内です。

4.募集期間

平成30年4月2日月曜日から平成30年4月3日火曜日
午後4時までに必着になります。

5.応募方法

告知期間内(平成30年3月1日木曜日から平成30年3月30日金曜日)に来庁日時を事前に連絡の上、地域産業振興課(県庁別館3階)へ訪問。

6.応募書類

主に3つになります。

① 補助金交付申請書(様式第1)
② 補助事業計画書(様式第1-1)
③ 直近2期分の貸借対照表及び損益計算書、会社定款(写)、会社案内、暴力団等でないことを誓約する書類

7.審査方法

審査項目としては、書類審査と面接審査、事業計画内容等のプレゼンテーションと、質疑応答になります。
審査委員会で審査があるとのことです!

審査の評価項目としては、製品等の概要や事業の目的、目標、課題、計画に関して、「成長できるの?」「ターゲットに対して適切なアプローチが出来るの?」「懸念点までちゃんと考えて計画出来てるの?」「それをやったらどのような効果が出て、山梨県のブランディングに繋がるの?」といったところが見られるようです。

審査委員会が、平成30年4月13日金曜日を予定しているそうなので、残り数日ですね!

詳しくは、山梨県のHPをご確認ください。

3. まとめ

山梨県のブランディング向上に向けて、ブランドプロモーション支援事業費補助金があることが分かりました。
地域の名産や様々な観光地がある山梨県。
もし山梨県をもっと盛り上げたい!と思われる地場企業様は、一度チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

>助成金・補助金でお困りなら、まずは無料診断!