横浜県厚木市限定!助成金・補助金情報一覧【2018年度最新版】

1.特許等を出願すると支援してくれる補助金


【概要】
厚木市では、市内で1年以上継続して事業を営む中小企業を対象として、新技術・新製品の保護および研究開発を奨励するため、取得に要する費用の一部を補助する取組を行っています。

【補助対象事業】
①特許権※審査請求まで行っていること
②実用新案権
③意匠権
④登録商標権

【補助対象経費】
①出願料
②審査請求にかかる経費
③登録料(初回分のみ)
④弁護士等代理人に支払う費用

【補助金額】
補助限度額10万円(補助対象経費の2分の1)

【申請期間】
平静30年3月16日(金)まで
※間に合わない場合は、事前に相談をして下さい

【問合せ先】
厚木市 産業振興部産業振興課産業振興係 が担当窓口です。
厚木市中町3-17-17
電話:046-225-2832

≪詳細HP≫産業財産権(特許権、意匠権、実用新案権、商標権)取得費用補助

>産業財産権取得補助についての疑問を専門家に無料相談したい方はこちら!

2.見本市や展示会出展時に費用の一部を負担してくれる補助金


【概要】
厚木市では、市内で1年以上継続して事業を営む中小企業を対象として、国または地方公共団体が主催する見本市や展示会などに要する経費の一部を補助する取組を行っています。

【補助対象事業】
①国または地方公共団体が主催、共催または後援する見本市であること
②100以上の出展者がある国内の見本市にあること
③日本貿易振興機構が主催または参加する国外の見本市等であること

【補助対象経費】
見本市等に出展した際に主催者が支払を行った、次の費用が対象です。
①出展料(小間料)
②会場設営費
③運搬費
④資料作成費

【補助金額】
①県内で開催される見本市等
補助上限15万円(対象経費の2分の1以内)
②国外を含む県外で開催される見本市等
補助上限20万円(対象経費の2分の1以内)

【申請期限】
平成30年3月16日(金)まで
※間に合わない場合は、事前に相談をして下さい

≪詳細HP≫見本市等出展事業補助金

>補助金がいくらもらえるのか無料診断してみる!

3.防犯カメラを設置すると設置費用の一部が負担してもらえる補助金


【概要】
厚木市では、安心して安全に暮らせるまちづくりを推進するため、犯罪防止を目的として道路などの公共の場に「防犯カメラ」設置に要する経費の一部の補助を行い、地域の防犯活動を支援しています。

【補助対象事業】
補助対象は、厚木市内において、新規で防犯カメラを設置する事業が対象です。
※「防犯カメラ」の定義は
犯罪の防止を目的として、道路等公共の場に設置し、不特定多数の人等を撮影する映像撮影機器であって録画機能を有するもの。

【補助対象団体】
補助対象団体は、防犯カメラを設置する自治体または地域住民等で組織された防犯活動団体です。

【補助金額】
①防犯カメラの設置場所ごとに、補助対象経費の合計額に10分の9を乗じて得た額
②防犯カメラの数に324,000円を乗じて得た額
上記1、2のいずれか低い額

≪詳細HP≫防犯カメラ設置費補助金

>貴社にあった補助金を専門家に無料診断を依頼する!

4.中小企業が設備投資を行うと負担してもらえる補助金

平成29年度の募集は終了。
厚木市では、市内で1年以上製造業を営む中小企業者などが設備投資意欲の向上を目的として、生産品の変更、新製品の開発および生産のために購入した「機械および装置」に関して、設備投資に要した経費の一部の補助を行っています。
補助限度額は200万円(補助対象経費の3%以内)、平成30年度の募集については、情報が入り次第内容を更新いたしますので、是非チェックしてみてくださいね!

≪詳細HP≫中小企業設備投資促進事業補助金

>東京都厚木市の事業者様がいくら受給できるのはまずは無料診断!