1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. アメリカでは今も感染が拡大中、日本の中小企業は「新型コロナショック」をどう対処すべきなのか?

アメリカでは今も感染が拡大中、日本の中小企業は「新型コロナショック」をどう対処すべきなのか?

image

アメリカでは現在も西海岸地域を中心に新型コロナウィルスの感染拡大が続いており、米株式市場はこの混乱によってリーマンショックを越える規模の大暴落(1週間で12%以上)に見舞われています。またニューヨーク州では非常事態宣言がだされました。また3月8日時点でアメリカ全土におけるコロナウイルス感染者の数は日本の感染者数を上回ったとも報道されています。(2019年3/9時点)

一説では世界全体の株式は中国政府がヒトからヒトへのウィルス感染を認めた1月20日から2月28日までの間に11%(550兆円※5兆ドル)もの価値を失ったとも言われ、国内でも日経平均株価が1年2ヵ月ぶりに2万円を割るなど「新型コロナショック(新型コロナ不況)」による経済への影響は日増しに大きくなっている印象です。

今回は現在の国内産業の動向と、今後の復活と成長に臨む事業者が活用すべき政府の支援策について紹介いたします。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

03-4346-0710
補助金ポータル電話相談受付時間/平日
10:00~12:00
13:00~17:00

この記事の目次

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中