地元商店街で起業させたい・してみたい! 東京都が実施する開業支援制度「商店街起業・承継支援事業」について調べてみた。

中小企業庁の調べによると、日本の若者や女性の創業に対する意識は、世界的に見ても非常に低い水準にあり、その要因調査では「周囲に起業に有利な機会がないこと」が最も多数の回答として挙げられています。

職能給(年功序列の給与)制度が一般的な日本では、年齢が若い人ほど開業資金の確保が難しい傾向にあり、特に初期投資が大きい実店舗型のビジネスでは、金銭面において起業が非現実的というのが現状のようで、小売業や飲食業、サービス業などの店舗型ビジネスを中心として形成される商店街などでは、新たな開業者や後継者の不足による地域経済の空洞化が進んでいます。

今回の記事では、東京都が都内の商店街の活性化に向けて、新規開業・事業承継に対し支援を行う助成制度「商店街起業・承継支援事業」について紹介します。

1.はじめに

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。