【まだまだ公募受付中】太陽光発電システムの導入に使える補助金を調べてみた

以前は発電した電力の売買を目的に導入されることが多かった太陽光発電システムですが、近年は非常時の電力供給源としての需要も高まり、一般家庭や企業などでも自家消費を目的に導入されるケースが増えてきています。

最近では電気自動車の蓄電池を家庭用の電源として利用できるシステムも開発され、国内の大手自動車メーカーなどでは今年5月から電気自動車と太陽光発電システムのセット販売なども始めています。

国外では環境配慮を理由にガソリン車やディーゼル車などの製造・販売の禁止が決定している地域も多い為、電気自動車への乗り換えに向けて太陽光発電システムを今のうちに設置しておこうと考える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は一般家庭だけでなく、被災時の電力確保や環境への配慮を目的に産業部門でも需要が高まっている、太陽光発電システムを導入する場合に活用できる補助金制度を調べてみました。

【化石燃料車に関する各国の動向】
ドイツや中国は2030年にガソリン自動車の販売を禁止予定、フランス、イギリス、スペインなどは2040年までに化石燃料車全般の販売を禁止予定、アメリカは各州で異なるものの、ロサンゼルスでは2030年以降化石燃料車の走行が禁止される予定

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

太陽光発電システムの普及率と価格の推移

国内では2011年に起きた東北地方太平洋沖地震などをきっかけに太陽光発電システムへの関心が高まり、一般家庭における太陽光発電システムの普及率は、事前の政府予想をはるかに上回る速度で伸長を続けています。※2016年時点での一般家庭への普及率は8.3%(日差しの強い九州地方では15%以上)

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。