鳥取県の補助金・助成金一覧【2019年度】ローカルベンチャーを支える補助金等10選

鳥取県はカニの水揚げ量日本一で、カニの消費量も日本一(全国平均消費量の5倍)なのをご存知でしたか。カニが旬の時期は観光アピールのため「蟹取県」と名前を変えて、「ウェルカニキャンペーン」を行っています。今回はそんな鳥取県の補助金・助成金情報のご紹介です。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

1、鳥取県ローカルベンチャー支援補助金

県内で地域課題解決を目指す社会的事業を始める方を支援する補助金です。①社会性②事業性③必要性のある事業かどうかが審査され、社会的事業分野の例として、地域資源活用、中山間地振興、地域活性化関連、まちづくりの推進などがあげられています。最大で200万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年8月5日~9月17日(まず電話またはメールで連絡をする)
〔公募対象〕県内で起業予定の個人または設立予定の法人(県外の方は移住が必要)
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:200万円

鳥取県ローカルベンチャー支援補助金
http://www.toriton.or.jp/index.php?view=7467
チラシ
http://www.toriton.or.jp/upload/user/00004134-Qcb1Ls.pdf

2、鳥取県産学共同事業化プロジェクト支援事業

県内中小企業者と県内大学等の研究機関の連携による、事業化を目指したプロジェクトの研究開発および試作開発業務を県が委託し、プロジェクトの実現をサポートするものです。プロジェクトは
①鳥取県経済再生成長戦略の戦略的推進分野等、次世代産業に関する分野であること
②プロジェクト構成メンバーに必ず県内中小企業者と県内研究機関が含まれること
③プロジェクト成果を事業化に結びつける構想があること
が求められます。委託費の上限は2,000万円となります。

〔申請期間〕2019年6月20日~8月30日
〔応募対象〕県内の中小企業者と県内研究機関などで構成される共同体※他要件あり
〔委託費〕上限:2,000万円/件 委託期間は最長2年間

鳥取県産学共同事業化プロジェクト支援事業
https://www.pref.tottori.lg.jp/sangakupj/
チラシ
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/997457/2019%20PR.pdf

3、鳥取県外国人観光客倍増促進補助金

県内自治体や民間事業者などが行う外国人観光客の受入環境の整備に対し、経費の一部を助成しています。自治体による外国語表記の案内看板作製、民間事業者による音声翻訳を行うタブレット端末等の整備、クレジットカードおよび電子マネー対応機器等の設置、Wi-Fi環境整備等の施設整備などにかかる経費が補助対象で、最大100万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕予算の範囲内で随時受付(申請前に要連絡)
〔公募対象〕県内の市町村、県内民間事業者(グループまたは団体を含む)など
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:100万円

鳥取県外国人観光客倍増促進補助金
https://www.pref.tottori.lg.jp/221019.htm

4、競争力のある物流機能構築支援事業費補助金

県内企業が新たな物流機能の構築や物流サービスの提供のために行う実証運行や、物流機能の高度化・効率化のための取り組みを支援します。輸送費、荷役費、通関等その他輸送に必要な経費などが対象経費で、最大150万円(補助率2/3)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2020年2月20日まで(申請前に相談)
〔公募対象〕県内に事業所を有する物流事業者※および荷主企業等
※物流事業者とは
貨物自動車運送事業者、貨物利用運送事業者、鉄道事業者、航空運送事業者、海上運送事業者、港湾運送事業者、倉庫事業者またはこん包事業者
〔補助内容〕補助率:2/3以内 上限:150万円

競争力のある物流機能構築支援事業費補助金
https://www.pref.tottori.lg.jp/274889.htm

5、地域商業需要変動対策・にぎわい創出事業補助金

商店街などが行う消費税引き上げに対する取り組みやにぎわい創出を図るための取り組みを支援するもので、会議費、借料、設営費、広報費、印刷費などが対象経費になります。最大で100万円(補助率1/2以内)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕2019年8月26日~先着順(予算がなくなり次第終了)
〔公募対象〕商店街組織、商工会等
〔補助内容〕補助率:1/2以内 上限:100万円

地域商業需要変動対策・にぎわい創出事業補助金
https://www.pref.tottori.lg.jp/286427.htm

6、「食のみやこ鳥取県」メニュー翻訳支援事業

県内の飲食店がメニューを英語、中国語、韓国語などに翻訳する費用を支援します。多言語翻訳サービス等によるメニュー翻訳にかかる経費の1/2(最大4万円)の補助金が交付されます。

〔申請期間〕随時受付
〔公募対象〕県内で飲食店を経営する経営主かつ「食のみやこ鳥取県」推進サポーターに登録している方※県内店舗のみ対象

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。