1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 緊急事態宣言解除でGo Toトラベル再開は?使える地域観光事業支援とは?

緊急事態宣言解除でGo Toトラベル再開は?使える地域観光事業支援とは?

image

全国的に新規感染者数が減少し、すべての地域で病床使用率が「50%未満」となったことなどから、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が9月30日の期限ですべて解除されました。

また、ワクチンの接種も進んでおり、ワクチン接種が一定レベルになったときに、生活の制約を減らすための「ワクチン・検査パッケージ」という仕組みの導入について議論が始まっています。

そのような仕組みを導入すると、これまで制約を受けていた入院患者や高齢者施設入所者との面会、県境を越える出張や旅行、大学での対面授業などの制限が緩和できるとみられています。

緊急事態宣言の解除後も、引き続き注意をしながらの外出や移動が求められますが、現在停止中のGoToトラベル事業の再開はあるのでしょうか。

▼10月15日更新
居住地と同一県内の旅行を割引する「県民割」が各地で再開しています。受付再開した中で、ワクチン接種(2回接種済)者への割引を追加した「いば旅あんしん割」などの情報を追加しました。

▼Go To 2.0についてはこちら!

Go To 2.0にむけてできる準備とは?宣言解除後の社会経済活動を取り戻そう

この記事の目次

GoToトラベル事業の再開

Go Toトラベル再開について、政府は感染状況を見極めながら、10月から始まった「ワクチン・検査パッケージ」を使った実証実験の結果をみて検討したいとしており、いまだ再開時期は明確になっていません。しかしながら、低迷する経済の回復のためにも、これから感染対策と両立した消費喚起のための事業の実施が必要となることは明らかです。

補助金・助成金相談所

GoToトラベル事業とは

GoToトラベル事業の目的を今一度確認してみましょう。

コロナ禍で深刻な影響を受けた産業の1つとして観光産業があげられます。観光産業とは、旅行業や宿泊業だけでなく、貸切バス、タクシー、レンタカー、飲食業、物品販売業など、非常に広い範囲で地方経済を支えている重要な産業です。

Go Toトラベル事業では、旅行・宿泊商品の割引と、旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、交通機関などで幅広く使用できる地域共通クーポンの発行をすることで、観光客の流れを地域に取り戻して、観光地全体の消費を促し、地域経済の好循環を作り出すことを目的としています。

具体的には、宿泊を伴うまたは日帰りの国内旅行の代金総額の1/2相当額を国が支援し、給付額のうち、70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与する事業です。


出典:Go Toトラベル事業 ウェブサイトより 抜粋

今月末に緊急事態宣言が解除されるとはいえ、行動制限が一気に緩和されることは考えられませんので、すぐにGoToトラベル事業が再開されることは考えにくいでしょう。

それでは、GoToトラベルの代替として実施されている「地域観光事業支援」についてみてみることにしましょう。

地域観光事業支援とは

地域観光事業支援とは、GoToトラベル事業が再開するまでの間、感染状況ステージ2相当以下と判断した都道府県が、同一県内での旅行商品・宿泊サービスに対する割引や、地域限定での旅行期間中に使用可能なクーポン券等の付与を行う事業です。

居住地と同一県内の旅行を割引支援します。いわゆる県民割としても知られています。

出典:地域観光事業支援の実施について 別紙

【割引額】
1人1泊あたり5,000円、商品代金の50%が上限(日帰り旅行の場合は、1人あたり5,000円・商品代金の50%が上限)

【クーポン券等】
旅行の割引支援と併せて土産物屋、飲食店、公共交通機関などに使えるクーポン等を付与する場合は、1人1泊あたり2,000円を上限に追加支援。(日帰り旅行の場合は、1人あたり2,000円を上限に追加支援)

【実施期間】
4月1日~12月31日(1月1日チェックアウト分まで)※12月31日までに予約された旅行に限ります。

地域観光事業支援の各都道府県の実施状況は?

支援内容など制度設計は全て都道府県において決定するため、割引の方法や追加で発行されるクーポンの有無、制度の利用方法などは、各自治体によって異なっています。事業の詳細は、お住まいの都道府県のキャンペーンページ等でご確認ください。

ここでは例として、秋田県のキャンペーンをご紹介します。

「旅して応援!」あきた県民割キャンペーン
県内での宿泊や日帰り旅行の際に一人泊あたり最大5,000円(補助率1/2)までの補助が受けられます。

【補助内容】
・県内日帰り旅行、宿泊が対象
・1人1泊あたり5,000円を上限に旅行代金の50%割引き
・さらに利用一回あたり2000円分までの割引クーポン発行※50%OFF

【予約方法】
・宿泊(宿泊施設へ直接予約、旅行会社またはオンライン予約サイトで予約)
・旅行商品(旅行会社またはオンライン予約サイトで予約)

【注意点】
宿泊施設・旅行会社ごとに予算に限りがあり、予算に達した宿泊施設・旅行会社等から終了となりますので、利用者は県民割の該当有無について予約時に必ず利用施設等に確認する必要があります。
https://aki-wari.com/

▼10月15日追記
いば旅あんしん割
旅行日の7日以内にPCR検査または抗原定量検査を受診し陰性だった県民を対象に、1人1泊あたり最大10,000円(宿泊料金が10,000円以上の場合)の支援が受けられる「いば旅あんしん割」が10月1日から再開しました。今回からの変更点としてワクチン接種(2回接種済)者への割引が追加されました。てワクチン接種の場合は、宿泊支援金額は1人1泊あたり最大5,000円となります。

【補助内容】

出典:いば旅あんしん割

【予約方法】
各事業者へ直接申し込み、またはインターネット販売等を利用する場合は「いば旅あんしん割」適用プランを選択

【注意点】
ワクチン1回目の接種は対象になりません。また、検査費用は自己負担となり、支援はありません。

★県民割(地域観光事業支援)販売受付開始する地域(10月~)★

10月21日~
和歌山県:わかやまリフレッシュプラン3rd
(10月14日販売分は売り切れ)

10月16日~
栃木県:県民一家族一旅行

10月15日~
宮城県:みやぎ宿泊割キャンペーン 
群馬県:愛郷ぐんまプロジェクト
岐阜県:ほっと一息、ぎふの旅
三重県:みえ旅プレミアムキャンペーン
広島県:やっぱ広島じゃ割
山口県:旅々やまぐち県民割
福岡県:福岡の避密の旅 第3弾

10月14日~
北海道:どうみん割

10月11日~
静岡県:今こそ!しずおか!!元気旅!!!

10月9日~
青森県:青森県おでかけキャンペーン

10月8日~
石川県:県内旅行応援事業
愛知県:あいち旅eマネーキャンペーン

10月7日~
香川県:新うどん県泊まってかがわ割
鹿児島県:今こそ鹿児島の旅

10月1日~
岩手県:いわて旅応援プロジェクト
福島県:県民割プラス
茨城県:いば旅あんしん割
福井県:ふくいdeお得キャンペーン
鳥取県・島根県:#WeLove山陰キャンペーン
岡山県:おかやま旅応援割
高知県:高知観光トク割キャンペーン
熊本県:くまもと再発見の旅
宮崎県:ジモミヤタビ キャンペーン

※支援内容など制度設計は全て都道府県において決定するため、最新情報は各地のキャンペーンサイトでご確認ください。

まとめ

今回は、緊急事態宣言の解除後にGoToトラベル事業の再開はあるのかというテーマで調べてみました。

今年11月頃には、ほとんどの希望者にワクチンが行き渡ると考えられていますが、日常生活の制約を減らすための「ワクチン・検査パッケージ」という仕組みの導入については議論が始まったばかりで、県境を越える旅行も含まれるGo Toトラベルがすぐにでも再開される見込みは薄いといえるのではないでしょうか。

今は、実施期間が12月31日までの地域観光事業支援に関して、長く続いた感染症の拡大や緊急事態宣言等の影響により、多くの県でキャンペーンを一時停止していましたので、今回の解除でキャンペーンの再開をするところが出てくるのではないでしょうか。

Go Toトラベル事業と違い、地域観光事業支援では県内の旅行のみが対象ですが、秋の行楽シーズンの「近場のおでかけ」への需要喚起につながることが期待されます。

▼Go To 2.0についてはこちら!

Go To 2.0にむけてできる準備とは?宣言解除後の社会経済活動を取り戻そう


無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

03-6822-5976
補助金ポータル電話相談受付時間/平日
10:00~12:00
13:00~17:00

支援情報掲載

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
株式会社フジテックス
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中
山陰酸素様LP
補助金・助成金 無料診断