【まとめ】上がり続ける最低賃金。企業がしておくべき3つのことと、使える助成金について調べてみた

「働き方改革実行計画」において、政府は全国の労働賃金が平均で1000円になることを目指しています。
2018年10月1日より東京都では、最低賃金が958円から985円に引き上げられました。
この最低賃金引き上げは、平均で1000円になるまで続くことが予想されます。
この賃金引き上げにおいてやっておくべき三つのことと、賃金引き上げで使える助成金について調べてみたいと思います。

1.実際に全国的にどのくらい最低賃金は引上げられた?

今回の引上げで、全国平均で約26円の最低賃金時間額が引上げとなりました。
人手不足と言われている今、大抵の企業が最低賃金等でアルバイトやパートを募集しているところも少ないかもしれませんが、それでも最低賃金26円の引上げは企業内における資金繰りにしても、求人の訴求力に大きな影響を与えてくることは間違いありません。

例えば、単純に最低賃金で10人のパート・アルバイトを雇っている飲食店があったと過程してみると、売上は特に変わらず人手も増えないにも関わらず固定費だけが増える形になります。

東京都の賃金で仮に計算すると

10人×時給958円×1日8時間シフト×20日出勤=76640円/月

10人×時給985円×1日8時間シフト×20日出勤=78800円/月

となり一月で2160円の固定費が上がることになります。
これが年間になると2万5920円です。

さらに、今まで最低賃金よりも20円ほどプラスで求人広告を出していた企業であったとしても、それだけでは最低賃金以下になってしまいます。
アルバイト求人を出す上でも、給与面で魅力を出すことが難しくなり、ますます人材確保が難しくなるかもしれません。

都道府県 引上げ前最低賃金時間額 引上げ後最低賃金時間額 差額 発効年月日
北海道 810 835 25 平成30.10.01
青森県 738 762 24 平成30.10.04
岩手県 738 762 24 平成30.10.01
宮城県 772 798 26 平成30.10.01
秋田県 738 762 24 平成30.10.01
山形県 739 763 24 平成30.10.01
福島県 748 772 24 平成30.10.01
茨城県 796 822 26 平成30.10.01
栃木県 800 826 26 平成30.10.01
群馬県 783 809 26 平成30.10.06
埼玉県 871 898 27 平成30.10.01
千葉県 868 895 27 平成30.10.01
東京都 958 985 27 平成30.10.01
神奈川県 956 983 27 平成30.10.01
富山県 795 821 26 平成30.10.01
石川県 781 806 25 平成30.10.01
福井県 778 803 25 平成30.10.01
新潟県 778 803 25 平成30.10.01
山梨県 784 810 26 平成30.10.03
長野県 795 821 26 平成30.10.01
岐阜県 800 825 25 平成30.10.01
静岡県 832 858 26 平成30.10.03
愛知県 871 898 27 平成30.10.01
三重県 820 846 26 平成30.10.01
滋賀県 813 839 26 平成30.10.01
京都府 856 882 26 平成30.10.01
大阪府 909 936 27 平成30.10.01
兵庫県 844 871 27 平成30.10.01
奈良県 786 811 25 平成30.10.04
和歌山県 777 803 26 平成30.10.01
鳥取県 738 762 24 平成30.10.05
島根県 740 764 24 平成30.10.01
岡山県 781 807 26 平成30.10.03
広島県 818 844 26 平成30.10.01
山口県 777 802 25 平成30.10.01
徳島県 740 766 26 平成30.10.01
香川県 766 792 26 平成30.10.01
愛媛県 739 764 25 平成30.10.01
高知県 737 762 25 平成30.10.05
福岡県 789 814 25 平成30.10.01
佐賀県 737 762 25 平成30.10.04
長崎県 737 762 25 平成30.10.06
熊本県 737 762 25 平成30.10.01
大分県 737 762 25 平成30.10.01
宮崎県 737 762 25 平成30.10.05
鹿児島県 737 761 24 平成30.10.01
沖縄県 737 762 25 平成30.10.03

参照:https://pc.saiteichingin.info/

2.これからまだまだ上がる予想の最低賃金 次はいくら?

政府は全国平均で1000円という目標を掲げています。
もちろん経済状況に応じて値上げの時期や幅は変えていくのかもしれませんが、単純に予測した場合次の年(2019年10月)に再び25〜27円ほど上がることが予想されます。

事実、前年度も2017年10月に最低賃金の引上げが行われています。
ちなみに今回の引上げにより全国の単純平均最低賃金は815円。
加重平均で1000円ということですので人口の多い首都圏において平均が1000円を少し超えたくらいで目標達成になるかと思いますが、まだまだ景気が大幅に下がらない限りこの引上げは今後数年続くことが予想されます。

3.どのような企業努力を行うことで最低賃金は引き上げることができる?

単純に企業は、政府が最低賃金引上げ!といったことで何も対策をせずに最低賃金を引き上げることはできません。
具体的にどのようにして企業は賃金を引上げていかなければならないのでしょうか。

この先は会員限定エリアです

会員登録(無料)すると、補助金ポータルのすべての記事をお読みいただけます。