飲食・宿泊施設など店舗用Wi-Fi導入でもらえる!外国人旅行者対策もできる補助金6選!

日本を訪れる外国人旅行者を今後さらに増やしていくためには、環境整備を進めることで外国人旅行者がもつ不満を解消し、リピーター化を促進させていくことが重要です。
外国人旅行者の不満で多いのは、「無料Wi-Fiスポットが少ない」「施設等のスタッフとコミュニケーションがとれない(英語が通じない等)」「観光案内板が少ない」などです。

旅行先のネット環境の有無で旅の行動範囲は大きくかわりますよね。
外国人旅行者に対して、より快適な旅行を過ごしてもらうため、各自治体も助成事業支援を次々と始めています。
外国人旅行者誘致のためにも、助成制度を活用して、設備導入を検討してみませんか?

1.金額上限ナシ!≪全国民間事業者≫外国人旅行客の観光整備をするともらえる補助金

【概要】
観光庁の補助金で、外国人旅行者が日本での観光を快適に過ごしてもらうための設備導入や、施設改良に対して補助金がでます。

【補助率と上限】
補助対象経費の3分の1以内
補助金の上限・下限はありません。

【補助対象経費】
外国人旅行者を含む、不特定多数の観光客への情報発信をする施設設備等の設置、または機能向上を目的とした事業が対象です。
次の(ア)~(ウ)の条件をすべて満たした上で、無料公衆無線LANの購入に係る費用および「機器設置工事費用(機器設置工事費用、ソフトウェア購入費含む)」にかかる費用整備を行うことができます。
ア)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
イ)補助金交付決定後に、契約・発注により発生した経費
ウ)証拠書類・見積書等によって契約・支払い金額が確認できる経費

【対象外経費】
通信費など、環境維持に関する経費は補助対象外です。

※補助金を利用する場合は、共通シンボルマーク「Japan.Free Wi-Fi」登録申請が必要です
※利用者の利便性及び不正利用防止の観点から、以下の①による認証方式、又は②及び③の認証方式併用を導入することが条件です
①SMS(ショートメッセージ)・電話番号を利用した認証方式
②SNS アカウントを利用した認証方式
③利用していることの確認を含めたメール認証方式

【募集期間】
平成29年4月3日(月)~平成29年10月31日(火)17時必着

この補助金はWi-Fi整備以外にも、掲示物等の多言語化、案内標識・デジタルサイネージの設置、洋式トイレの整備にかかる費用の助成も行われています。

詳しい助成要件などは、こちらの記事をご確認ください。

外国人旅行客向け環境整備でもらえる補助金「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」とは?

詳細はこちら:平成29年度 訪日外国人受入環境整備緊急対策事業費補助金

2.上限額100万円!≪宮城県≫宿泊施設がもらえる補助金


【概要】
宮城県では、震災前の水準まで回復した外国人観光客の誘致や、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた更なる利便性向上を目的として、無料公衆無線LANや外国語案内表示などの受入環境整備にかかる費用の一部に対して補助を行っています。

【補助限度額】
100万円(補助率2分の1)

【補助対象】
宮城県内で次の①~③に該当する、無料公衆無線LANを新設、または外国語表示による整備を行う事業者。
①宿泊施設(ホテル・旅館及び簡易宿所営業のロビー、客室、食堂、宴会場など)
②知事が特に認める観光集客施設(例:遊園地、観光案内所など)
③一般旅客自動車運送事業に使用する車両(乗車定員11人以上)

【対象経費】
(1)無料公共無線LAN(Wi-Fi)整備
ア)機器購入費(無線LAN(親機)、その他無線LAN設置に必要と認められる機器)
イ)設置工事費(電源設置工事、配線工事、その他無線LAN設置に必要と認められる工事費)
※レンタル機器のレンタル料やその設置にかかる工事費は、補助対象外です。
(2)外国語表示等の整備
ア)施設や客室内の案内表示の作製及び設置にかかる経費
イ)施設や客室内の既設案内表示の盤面張替または追加に要する経費
ウ)新たにパンフレット、マップを作製する際にかかる経費
エ)ホームページの作成にかかる経費
オ)外国語音声案内ツールの整備に伴う経費

【募集期間】
平成29年7月24日(月)~平成29年10月31日(火)
電話番号:022-211-2823
受付時間:午前9時~午後5時

【こんな方にオススメです】
既に無料公衆無線LAN設置済の方も必見です。
①新しいものを追加したい方
→新たに無料公衆無線LANを設置する場合は補助対象です!
②新しいものに交換したい、回線速度が速いものに変更したい方
→新たに改修や増強をする場合は補助対象です!

詳細はこちら:「平成29年度外国人観光客受入環境整備促進事業補助金」の募集について

3.上限額75万円!≪東京都≫宿泊施設・飲食店がもらえる補助金


【概要】
東京都内の宿泊施設・飲食店などが、ホームページの多言語化の費用、無線LAN環境の整備費用、トイレの洋式化など、外国人受け入れ対応強化の取り組みをした事業主に費用の一部の補助を行っています。

【補助限度額】
無線LAN環境整備については、1施設当たり75万円が補助限度額です。
→1か所あたり15,000円以内、宿泊施設は1施設あたり最大50か所まで、飲食店、免税店は1店舗あたり最大10か所です。

【補助対象者】
(1)都内で次の(ア)~(ウ)の営業を行う民間宿泊施設
(ア)ホテル営業(旅館業法第2条第2項)
(イ)旅館営業(旅館業法第2条第3項)
(ウ)簡易宿所営業(旅館業法第2条第4項)
(2)都内で飲食店営業、または喫茶店営業を行い、次の(ア)(イ)を満たす者
(ア)中小企業の基準を満たしていること
→サービス業の場合は、次のいずれかを満たすこと。
①資本金の額または出資の総額 5,000万円以下
②常時使用する従業員の数   100人以下
(イ)東京都が実施する飲食店検索サイトに掲載されている店舗
※「EAT東京」(多言語メニュー作成支援ウェブサイト)の「外国語メニューがある飲食店検索サイト」掲載店が対象。

【補助対象経費】
Wi-Fi設置環境整備の場合は、次の費用が対象です。
ただし、リース・レンタルによる設置機器に係る経費は対象外のため注意して下さい。
・備品購入費
・設置工事費
・施設整備費 など

【募集期間】
平成29年4月27日(木)~平成30年3月30日(金)まで
※ただし、予算額に達した時点で受付を終了します。

この補助金はWi-Fi整備以外にも、ホームページ多言語化、クレジットカード決済端末導入や、
トイレ洋式化等の整備にかかる費用
の助成も行われています。

詳しい助成要件などは、こちらの記事をご確認ください。

飲食店・宿泊施設がWiFi導入でもらえる補助金!外国人旅行者対策にもなる「インバウンド対応力強化補助金」とは

詳細はこちら:公益財団法人東京観光財団 インバウンド対応力強化支援補助金

4.上限額40万円!≪徳島県≫飲食・宿泊・観光施設などの民間企業がもらえる助成金


【概要】
徳島県内における訪日外国人受入環境整備の促進を図ることを目的として、受入環境整備に必要な経費の一部の助成を行っています。

【助成金額】
無料公衆無線(Wi-Fi)の整備
助成対象経費の2分の1以内
助成額は、宿泊施設で上限40万円、その他の施設は5万円です。

【対象者】
徳島県内の宿泊施設、観光施設、交通事業者、飲食店、土産品店、その他訪日外国人の受入に取り組む団体や個人事業者が対象です。

【助成要件】
 徳島県内において、不特定かつ多数の者が無料で利用できる環境を整備すること
※特定の形態キャリアに限定される整備は除きます。
※なお、無線LAN整備にあたり、必要なセキュリティ対策を講じるように努めましょう。
※今回の補助金を利用する場合は、共通シンボルマーク「Japan.Free Wi-Fi」の使用申請手続きが必要です。

【対象経費】
無料公衆無線(Wi-Fi)の整備
ルーター等の機器購入費や設置工事費等の初期導入経費が対象です。
ただし、回線使用料、保守点検、修繕料等のランニングコストは対象外です。

【募集期間】
平成29年5月15日(月)~平成30年1月9日(火)まで
※ただし、予算額に達した時点で受付を終了します。

この補助金はWi-Fi整備以外にも、多言語表記、免税手続きに関する整備にかかる費用の助成も行われています。詳しい助成要件などは、募集要項をご確認ください。

詳細はこちら:徳島県訪日外国人受入環境整備事業助成金申請の募集について

5.上限額45万円!≪宮崎県≫宿泊施設がもらえる補助金

平成29年度は終了
【概要】
教育旅行やスポーツ合宿等の受入体制の充実を図るため、市内宿泊施設を対象にWi-Fi環境整備など設備投資にかかる費用の補助を行い、滞在型観光を推進する補助事業です。

Wi-Fi環境整備を行った場合、対象経費の総額2分の1、限度額45万円までが補助されます。
次年度も実施される可能性があるため、Wi-Fi環境整備を検討している宿泊施設の事業者の方は、ぜひ来年もチェックしてください。

詳細はこちら:平成29年度版(2時募集)宮崎市ホテル・旅館等施設整備推進事業のご案内

6.上限額30万円!≪鹿児島県≫飲食・宿泊・観光施設などの民間企業がもらえる助成金


【概要】
鹿児島県では、海外観光客の受入体制の充実を図るため、受入環境整備を新たに実施する事業者に対して必要な経費の一部が助成されるものです。

【助成金額】
無料公衆無線(Wi-Fi)の整備
助成対象経費の2分の1以内(上限30万円)

【対象者】
鹿児島市内の宿泊施設、観光施設、飲食施設、土産品店、免税店、その他訪日外国人が観光目的で利用できる施設を有する民間企業等が対象です。

【助成要件】
無料公衆無線(Wi-Fi)の整備
①観光客受入体制の充実のために、新たに整備するものであること
②無線LANへの接続端末を保有する海外観光客に対して、無料で無線LANサービスを提供すること
③海外観光客に対して、無線LANサービスが無料で利用できることを施設内においてわかりやすく表示すること

【募集期間】
平成29年4月1日~平成30年3月31日まで
※ただし、予算額に達した時点で受付を終了します。

この補助金はWi-Fi整備以外にも、多言語表記、免税手続きに関する整備にかかる費用の助成も行われています。詳しい助成要件などは、募集要項をご確認ください。

詳細はこちら:海外観光客受入整備日助成事業

>助成金がいくらもらえるかまずは無料診断!