1. トップページ
  2. お知らせ
  3. もの補助、持続化補助、IT導入補助の2次公募のスケジュールが公開されました

もの補助、持続化補助、IT導入補助の2次公募のスケジュールが公開されました


生産性革命推進事業である、「ものづくり・商業・サービス補助金」、「小規模事業持続化補助金」、「IT導入補助金」の2次公募のスケジュールが公開となりました。
令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。


無料相談フォームにて相談する


専門家ビジネスマッチングを希望


03-4346-0710
補助金ポータル電話相談受付時間/平日
10:00~12:00
13:00~17:00





2次公募・申請のスケジュール


【2次公募のスケジュール】
 ・「ものづくり・商業・サービス補助金」:4/20~5/20
 ・「小規模事業持続化補助金」:~6/5
 ・「IT導入補助金」:6月頃~6月末頃を予定


ものづくり・商業・サービス補助の概要について


「ものづくり・商業・サービス補助金」の公募自体は3/20からはじまっており、中小企業・小規模事業者等が対象となり補助金上限額1000万円となっており、補助率が中小企業で1/2、小規模事業者で2/3となっております。


今回想定される活用事例として、中国などの海外拠点の工事などを国内拠点に移転する場合や、コロナの影響を受けている取引先から新たな部品供給要請をうけている工場の生産ラインを増設・増強される場合などに活用いただけるようです。詳細については記事内で詳しく掲載しておりますのでご確認ください。


新製品の開発や生産プロセスの改善に最大1000万円!「ものづくり補助金 一般型(特別枠を含む)」の2次公募スケジュールが公開(令和2年4月22日更新)

海外展開したい


小規模事業持続化補助金の概要について


小規模事業持続化補助金、通称「持続化補助金」は昨年度は採択率9割近い数値であり、今年から通年の募集に切り替わった補助金でもあります。


対象は小規模事業者等であり、補助金上限は50万円で補助率は2/3となっています。想定としては売上減少の中、インターネット販売等を強化する際や、旅館・ホテルの受付を自動化するなどに利用することが想定されます。


小規模事業者持続化補助金(2020年実施)<一般型>の公募が開始。ホームページ制作、広告、店舗改修、新商品開発など幅広い目的で活用!(令和2年4月8日更新)


IT導入補助金の概要について


事業承継などの問題なども踏まえ、ITツールの導入を支援する補助事業となっております。


こちらは現在、対象となるベンダーツールの登録時期が5月からのため6月から公募が2次公募としてスタートする予定です。対象となるのは。中小企業・小規模事業者ですが、補助額は30~450万円となっており対象経費の1/2が補助されるようです。
想定される事例として、今注目が集まっているテレワークに活用できる業務効率化ツールなどが対象になってくるのではないかといわれています。補助金の加点対象に「在宅勤務制度(テレワークツール)の導入」に取組むこととあるようです。


IT導入補助金2020の1次公募(臨時対応)が公募開始!最大150万円で生産性向上のためのIT導入に活用できる補助金(令和2年4月8日更新)

設備投資したい


無料相談フォームにて相談する


専門家ビジネスマッチングを希望


03-4346-0710
補助金ポータル電話相談受付時間/平日
10:00~12:00
13:00~17:00




関連するコラム

    Loading...
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中
ビズクリップTOP