1. 補助金ポータルTOP
  2. お知らせ
  3. 【補助額最大100万円】小規模事業者持続化補助金を活用してECサイト・HP作成。補助金を活用しての経営課題解決

【補助額最大100万円】小規模事業者持続化補助金を活用してECサイト・HP作成。補助金を活用しての経営課題解決


株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井彰次 以下、補助金ポータル)は株式会社INDIG(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木拓実 以下、INDIG)と小規模事業者持続化補助金の活用方法とHP作成やECサイト等を利用しての経営課題解決のための無料オンラインセミナーを9月30日(木)、14:00~15:00開催。
https://tayori.com/form/e6b6a4e1c2948de84f5cc01f9ae9840e382be3ee


小規模事業者持続化補助金とは


小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者が行う新規顧客の獲得や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度で開業したばかりの個人事業主や小規模事業者に非常に人気の高い補助事業。【一般型】と【低感染リスク型ビジネス枠】の2つがあり。補助額は最大100万円。補助率は最大3/4となっている。通年を通じて複数回の募集が行われているのも大きな魅力の1つ。
【低感染リスク型ビジネス枠】は新型コロナウイルスに対応すべく、サービス内容を【対面⇒非対面】への切り替えを検討している事業主へ一助となっている。

■経費として申請できるのは主に以下の内容。
機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費、外注費
■小規模事業者とは
常時使用する従業員数が20名以下の事業者。宿泊業・娯楽業を除く商業、サービス業をメインにしている場合は常時使用数が5名以下。個人事業主でも対象となるため、幅広い事業主が活用可能。

こんな方におすすめ


・補助金の活用方法を知りたい方
・新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んでいる方
・新規顧客の獲得を行いたい方
・集客のサポートを欲しい方
・販売方法を変更したい方
・新規でECサイトやHP作成を行いたい方
・開業されたばかりの方
・自身で営業する時間が無い方
HPやECサイトが有効な理由
企業の情報発信ができる
売上向上につながる
新規顧客獲得につながる
求人募集が可能になる
営業ツールとして活用できる
販売を自動化できる
etc

パネリスト


株式会社INDIG
代表取締役 鈴木 拓実
サービスデザイナー。UI/UX、マーケティング、システムの知識と実務経験を持ち、ユーザーの潜在課題とシステムとの関係性を踏まえたプロセスから総合的なデザインを行う。
株式会社補助金ポータル
コンシェルジュ
月間100万ユーザーが訪れている日本最大級のポータルサイトを運営している補助金ポータルで補助金・助成金申請の相談や申請に携わる。グループとして累計100億円以上もの補助金・助成金申請に触れる補助金ポータル創業メンバーの1人。

開催概要


2021年9月30日(火)14:00~15:00 ※途中参加、途中退出自由
場所:Zoomにて
参加対象:どなたでも
参加費:無料
参加方法:下記申込ページより(15秒で入力完了)
https://tayori.com/form/e6b6a4e1c2948de84f5cc01f9ae9840e382be3ee

参加特典
セミナー後のアンケートにお答え頂いた⽅に当日の資料をプレゼント
会員登録
CXOバック様
株式会社フジテックス
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
山陰酸素様LP
補助金・助成金 無料診断