1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. facebookが中小ビジネス助成プログラムで日本の中小企業の金銭的支援を開始しました

facebookが中小ビジネス助成プログラムで日本の中小企業の金銭的支援を開始しました

image

Facebook Japanは9月24日、新型コロナウィルスの影響が特に大きいと考えられる東京都内の中小規模の企業に対する助成プログラムを開始しました。
内容は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行によって、ビジネスで困難が生じている東京都に本社を置く企業に対して総額3億円相当の助成をするとのことです。

Facebookは全世界で1億ドル規模の支援を中小企業向けに2020年4月から実施していますが、今回はその日本版とのことです。
今回の記事では、facebook中小ビジネス助成プログラムの支給内容と具体的な申請方法を詳しくご紹介します。

※facebook中小ビジネス助成プログラムは審査があります。
申請したとしても必ず助成金がもらえるとは限りませんので、予めご認識の上申請をお願いいたします。

ご不明な点は、メールにてお問い合わせください: fbgrants.helpdesk.jp@goodera.com

この記事の目次

facebook中小ビジネス助成プログラムの内容

新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、経営状況が芳しくない企業が多数出てきています。
その中でも、東京都の中所企業は特に影響が強いと言われており、facebookはこの状況に少しでも役に立ちたいと金銭的支援を開始しました。

facebook中小ビジネス助成プログラムの応募条件

それではfacebook中小ビジネス助成プログラムの応募条件となるのはどのような企業なのでしょうか?
詳しい応募資格要件は以下のとおりです。

・従業員数が2~50人である
・1年以上、事業を継続している(2020年9月時点で)
・新型コロナウイルス感染症の影響によりビジネス上の困難を抱えている
・日本の場合は、東京都に本社、本店がある中小企業

また、facebookやInstagramの法人アカウント、facebookページなどが無い場合でも対象となります。

facebook中小ビジネス助成プログラムの支給額

気になる支給額ですが、総額約3億円となっています。
1社に対しては、現金約25万円とfacebookの広告費約15万円の合計約40万円相当のクレジットが支給される予定です。





予算 1社に対する支給額
約3億円 約40万円の現金と広告費

facebook中小ビジネス助成プログラムに必要な書類

申請には【履歴事項全部証明書の写し】が必要になりますので、予め準備が必要です。
履歴事項全部証明書とは「登記事項証明書」と呼ばれる書類群の中の1つで簡単にまとめると以下の2点の記載がある書類になります。
①商号や所在地、会社の設立年月日などの会社情報
②3年前から現在に至るまでの情報変更履歴と取得した時点の会社の情報

近くの法務局もしくは支局・出張所で取得できます。
時間が無いという方は、オンラインで申請ができるようになっております。

【履歴事項全部証明書の写しのオンライン取得】
■法務局HP
http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/category_00003.html

閉店ポータル

facebook中小ビジネス助成プログラムの申請方法

それでは、ここから具体的な申請方法についてご紹介します。

facebook中小ビジネス助成プログラムの会員登録方法

facebook中小ビジネス助成プログラムでは、まず会員パートナーサイト「goodera」に登録が必要になります。
まずはそのパートナーサイトの登録まで紹介していきます。※PCサイトで行うことをお勧めします。

・ステップ1
以下のページにアクセスする
https://www.facebook.com/business/boost/grants
・ステップ2
ページ下部の「ビジネスの所在地はどこですか?」からプルダウンで「日本」を選択してください。

次に「パートナーサイトへ移動」をクリックします。

・ステップ3
以下のサイトに遷移しますので、メールアドレスを入力してください。

「今すぐ登録」をクリックすると、以下のようなポップアップが出てきます。

登録したメールアドレスにパスワードが届いているので、そのパスワードを入力してください。以下が例です。

以上で会員登録まで完了となります。

facebook中小ビジネス助成プログラムの会社情報提出まで

次に、パートナーサイトに会社情報を入力します。

【応募者情報】
代表者の個人情報を入力します。
特段理由がない限り、会社の代表の情報を入力した方がよさそうです。

【ビジネス情報】
会社の基本情報を入力します。
少し引っ掛かりそうになる部分は以下になります。
・会社法人等番号
12桁の番号になります。

■ビジネスの概要
50文字で入力する部分と100文字以内で入力する部分があります。

■コロナウィルスの影響による課題
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が2020年にあなたのビジネスにもたらした影響と直面している課題について200文字で説明してください。

■なぜ助成金が必要なのかの理由
200文字以内で説明する必要があります。

■履歴事項全部証明書の写し
ご準備していただいた履歴事項全部証明書の写しをアップロードしてください。

【利用規約・プライバシーポリシーの許諾】
利用規約プライバシーポリシーそれぞれご確認いただき、問題がなければチェックボックスにチェックを入れてください。

最後に「プレビュー及び提出」をクリックします。

確認画面で問題がなければ提出をしてください。

以上で申請完了です。
審査がありますので、お待ちください。
※支給までの期間、審査基準は公開されておりません、予めご了承ください。

ちなみに、会社情報の入力はボリュームがあるので、一度に入力ができないという場合は「保存」をすると、現状の入力画面が保存されます。

facebook中小ビジネス助成プログラムまとめ

今回は、facebook中小ビジネス助成プログラムについてご紹介いたしました。
facebookが全世界で行われている、新型コロナウィルスで影響を受けた中小企業に対する助成の日本版になります。
現在は、東京のみになりますが対象の中小企業には非常に嬉しい助成金になるかと思います。
予算は3億円で消化次第終了となりますので、検討している場合はお早目の申請をおすすめします。

ご不明な点は、メールにてお問い合わせください: fbgrants.helpdesk.jp@goodera.com

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
株式会社フジテックス
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
山陰酸素LP
補助金・助成金 無料診断