1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 【令和2年度概算要求】厚生労働省の令和2年度概算要求について・助成金はどうなる?

【令和2年度概算要求】厚生労働省の令和2年度概算要求について・助成金はどうなる?

image

令和2年度の概算要求が厚生労働省から公表されました。厚生労働省は、「ひと、くらし、みらいのために」をキャッチフレーズに、人々が安心して一生を送るためさまざまな角度から暮らしを支援しています。令和2年度予算の概算要求は32兆6234億円で、過去最大となりました。さっそくどのような内容だったのか調べてみようと思います。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

参考:令和2年度厚生労働省予算概算要求の主要事項
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20syokan/

令和2年度の要求額

厚生労働省の概算要求額は、一般会計総額 32兆6234億円で昨年予算よりも6593億円増額(+2.1%増)となり、高齢化による社会保障費の増加を見込んだものとなりました。その中で年金・医療等にかかる経費として30兆5269億円(年比 5353億円増)を要求しています。

団塊ジュニア世代が高齢者となり現役世代の減少が進む2040年頃を見据え、誰もがより長く元気に活躍でき安心して暮らすことができるよう、以下を柱として重点的な要求を行いました。

1、多様な就労・社会参加の促進
2、健康寿命延伸等に向けた保健・医療・介護の充実
3、安全・安心な暮らしの確保等


出典:令和2年度厚生労働省予算概算要求の概要 P.4
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/20syokan/

これらを通じて人生100年時代に対応した全世代型社会保障の構築に取り組み、成長と分配(消費の底上げ・現役世代の増・投資の拡大、持続的な経済成長の実現、社会保障の基盤強化)の好循環の拡大を図ることを目指します。さて3つの柱でどのような項目が重点的要求として上げられたのでしょうか。1つずつみていきましょう。

この記事の目次

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中