1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 経営が悪化したときでも雇用を維持できる「雇用調整助成金」の使い方とは

経営が悪化したときでも雇用を維持できる「雇用調整助成金」の使い方とは

image

経済上の理由により事業活動を縮小せざるを得なくなったとき、従業員の雇用を維持するために使える助成金があります。「雇用調整助成金」とは経営環境の悪化などで事業収縮を余儀なくされた事業主が、従業員を解雇せずに一時的に休業、教育訓練又は出向を行い雇用の維持を図ることで利用できる助成金で、休業手当、賃金等の一部が助成されます。景気の変動や災害による経営環境の悪化はどの企業にも起こり得ることです。いざという時のために「雇用調整助成金」について理解しておきましょう。

※「雇用調整助成金」は台風15号・19号の被害に伴い、特例が実施されています。特例の詳細は下記記事をご覧ください。

台風15号・19号で被害を受けた事業所の雇用維持に活用できる「雇用調整助成金の特例」を実施!

災害対策


無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

この記事の目次

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中