1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 長時間労働の見直しに使える助成金!生産性向上のための機械・設備導入も助成対象になる「時間外労働上限設定コース」とは?

長時間労働の見直しに使える助成金!生産性向上のための機械・設備導入も助成対象になる「時間外労働上限設定コース」とは?

image

2020年4月1日から中小企業に時間外労働の上限規制が導入されます。(大企業等は2019年4月~導入)これにより時間外労働は原則として月45時間、年360時間以上は禁止となります。しかしながら「業務上の無駄な作業の見直しをしたいが何をすればいいかわからない」「機械を導入して生産性の向上を図り時間外労働を削減したいが、使える助成金がわからない」とお困りの中小企業事業主の皆さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお悩みをお持ちの方に、中小企業による働きやすい職場環境づくりを支援する「時間外労働等改善助成金」をご紹介いたします。これは労働時間等の設定改善を支援する助成金で、目的に応じて以下の5つのコースに分かれています。

①時間外労働上限設定コース
②勤務間インターバル導入コース
③職場意識改善コース
④団体推進コース
⑤テレワークコース

今回はそのうちの一つ、「時間外労働上限設定コース」を取り上げたいと思います。このコースは長時間労働の見直しのため、時間外労働の削減に向けた取り組みを実施した場合、最大で200万円が助成されるというものです。生産性向上のための設備・機器の導入や外部専門家のコンサルティングによる業務内容の見直しのほか、働く時間の削減につながる多様な取り組みが助成対象となっている助成金です。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

この記事の目次

この先は会員限定エリアです

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中