1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 補助金ポータルが経産省の「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」に認定されました。

補助金ポータルが経産省の「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」に認定されました。

image

株式会社補助金ポータルは、このたび経産省より「情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)」の認定を取得いたしました。

補助金ポータルでは、これまで補助金・助成金活用の支援を通し、多くの事業者の方に様々なITツールの導入を提案して参りましたが、今後はこれまでの活動によって蓄積されたノウハウや情報を活かし、政府の認定を受けた支援機関として企業のIT導入による生産性向上の支援に取り組みます。

この記事の目次

スマートSMEサポーター制度とは?

スマートSMEサポーター制度は、経営力向上に取り組む中小企業等への優遇を目的とする「中小企業経営強化法」に基づいて創設された経産省所管の認定制度です。

経産省「スマートSMEサポーター制度」公式HP
https://smartsme.go.jp/

この認定制度では、中小企業者等の生産性を高めるためのITツールを提供するITベンダー等のIT導入支援者を情報処理支援機関(愛称:スマートSMEサポーター)として認定し、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要な情報を取得できるための支援体制の整備を行います。

【制度の仕組み】

情報処理支援機関には下記の登録番号入りのロゴマークが提供されます。

補助金・助成金相談所

IT導入の悩みは認定情報処理支援機関にご相談を!

認定を受けた情報処理支援機関はデータベース上に全て登録されているため、「効果のあるITツールが分らない」「目当てのITツールを取り扱うITベンダーがわからない」などといったお悩みがある事業者の方は、スマートSMEサポーターWEBサイトの検索機能を利用し各情報処理支援機関の情報を確認しながら適切な相談相手を選定することが可能です。

情報処理支援機関検索ページ
https://smartsme.secure.force.com/smartsmesearch/

各情報処理支援機関は下記の要件をすべて満たし政府の認定を受けているため、IT導入について不安がある場合には安心して相談を行う事ができます。

① IT及びITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること
情報処理支援機関の認定に申請する者は、3年以上のソフトウェア又はクラウドサービスの提供実績、または10者以上の中小企業への提供実績を有していること。

② 生産性向上を行おうとする中小企業者等に対しIT利活用に係る指導及び助言が行えること

③ ⻑期間にわたり継続的に⽀援業務を実施するための実施体制を有すること

④ 広く中⼩企業者等に対して、情報開⽰を⾏うことに同意できること
申請時に取得する情報(事務所の所在地、情報処理支援業務の内容等)はホームページ等で公表されるとともに、第三者により当該情報が二次利用される場合があることの同意

⑤ 欠格条項に該当しないこと
中小企業等経営強化法第27条第1号から第8号までのいずれにも該当しないことの宣誓

⑥ その他事業体に関する確認が可能であること
履歴事項全部証明書※(個人事業主の場合は開業届)の提出等

情報処理支援機関としての補助金ポータルの取り組み

補助金ポータルは日々の煩雑な入力業務の自動化を可能にする「RPAツール」の普及に取り組み、企業の生産性向上を推進しています。

補助金ポータルが提供するITソリューション:BizRobo
人による情報の転記作業や紙の文化、情報収集や数字の集計、システムやソフトウェアの入力作業などをロボットに任せて自動化するRPAツール。

当社の持つノウハウやデータより、最適な自動化項目を選定し、実装サポートから運用フォローまで実施いたします。
https://rpa-technologies.com/products/first/

また、現在は新型コロナウイルス感染症への対応として業務の非接触化、テレワークの導入などが求められており、補助金・助成金を活用した企業へのITツールの普及促進は補助金ポータルにとっても重要なミッションの一つとなっています。

ITツールの導入についてお悩みがある場合には、スマートSMEサポーター補助金ポータルまでお気軽にお問合せください。

支援情報掲載

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
株式会社フジテックス
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中
山陰酸素様LP
補助金・助成金 無料診断