1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. Go to トラベルキャンペーンで予約済みの旅行代金のいつまでの分が割引還付される?

Go to トラベルキャンペーンで予約済みの旅行代金のいつまでの分が割引還付される?

image

本当に「Go To」してもいいの?という声が賛否両論ありますが、日々変わっていくGo To トラベル キャンペーンについて紹介していきたいと思います。これから旅行の計画を立てようと思っているかた、すでに旅行の予約をされている方がGo To トラベルキャンペーンを上手に活用してお得にに楽しい旅行を立てるための参考にしていただければとおもいます。 また、観光業でホテルやお土産店、地域共通クーポンについての補助をうけるための手順についてもご紹介していきたいと思いますので、ご参考にしていただき集客の手立てとしていただければと思います。
※この支援事業に関しては新型コロナウイルス感染症の影響により内容が変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

この記事の目次

Go to トラベルキャンペーンとは

Go to トラベルキャンペーンとは、国内旅行を対象に宿泊や彼我れり旅行の代金を最大1/2相当額まで支援してくれるキャンペーンになります。支援額のうち70%は旅行代金の割引として、そして残りの30%は旅先で利用できる地域共通のクーポンとして付与されるものになります。一人一泊あたりの上限が2万円、日帰りの場合は1万円が上限となります。

旅行代金としては、最大で35%程度の給付を受けられるようです。上記の内容を踏まえて、宿泊数や代金を想定した場合に、実際の負担金額についてまとめてみました。

Go To トラベルの割引額のイメージとして(宿泊の場合)
宿泊数1泊2泊3泊
旅行代金(1人あたり)4万円8万円12万円
補助金額2万円4万円6万円
内訳(旅行代金)1万4千円2万8千円4万2千円
内訳(地域共通クーポン)6千円1万2千円1万8千円
実質支払い額2万6千円5万2千円7万8千円

という形になります。1泊あたりの上限金額が2万円ということから考えると、1泊4万円前後の旅行商品を購入することで、最大限の支援を受けることが可能になりそうです。さらに、人数制限や宿泊数の制限は今のところありません。

ちなみに対象になる旅行は

  • 個人旅行
  • 団体旅行

のいずれも該当するようですが、ここで注意が必要です。対象となる旅行代金ですが、個人旅行の場合、宿泊から交通手段の手配を直接旅行代理店を通さなかった場合、宿泊のみが支援の対象となり交通機関の支払いは旅行代金として含まれません。

一方で、個人旅行でも旅行アプリなどにあります楽天トラベルなどの旅行代理店などから交通手段付き宿泊プランを申し込むと、交通手段を含む宿泊旅行すべてが支援対象となります。

ということですので、つまり先ほど1泊4万円前後の旅行商品としましたが、交通費を含めて1泊4万円以上のプランを選択することがいいかもしれません。もしくは宿泊先をいつもよりも贅沢に過ごしたいという方であれば、マイカーなどを利用して旅行プランを立てると、1泊1人4万円もする豪華なホテル・旅館に泊まれるということになります。

団体旅行に関しては、旅行代理店経由で申し込むかと思いますので、交通費や宿泊費などすべてが含まれます。修学旅行や社員旅行などコロナ過で自粛していた方は今からでもプランを検討してみてもいいかもしれません。

補助金・助成金相談所

Go to トラベルキャンペーンは予約済みでも申請できる?対象の旅行期間はいつからいつまで?

Go to トラベルキャンペーンで実際いつからの旅行が対象になるか気になるところですが。2020年7月22日(水)以降からの出発が対象となるようです。キャンペーンの対象外になった方でのキャンセルの場合は「Go to トラベルキャンペーンの対象外になった地域はキャンセル料は補償される?」をご確認ください。

期間については宿泊商品及び宿泊を伴う旅行商品の場合
令和2年7月22日宿泊から令和2年8月31日宿泊
(9月1日チェックアウト)まで

日帰り旅行商品の場合
令和2年7月22日から令和2年8月31日まで
※9月1日以降の取扱いについては未定

となっております。また、こちらの給付金に関しては新型コロナウイルス感染症拡大の状況等を踏まえ、給付金の給付を一時的に停止することがありますと明記されています。7月27日以降に業者ごとに順次割引での販売が開始される予定ではありますが、割引販売をした旅行業者では、以降還付対応の商品は販売されないこととなるようです。

Go to トラベルキャンペーンの申請方法・手順

Go Toトラベルキャンペーンの気になる申請方法ですが、旅行者自らが宿泊施設に直接支払いをしている場合には直接還付手続きを行う必要があります。また申請のタイミングは旅行後の申請により割引分の還付を受け取ることができます。

旅行者は宿泊施設へ依頼、以下の書類を受領しておきましょう。

  • 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されているもの)
  • 支払い内容がわかる書類(支払内訳書、支払内訳が記載された領収証等)

また注意点としては、事務局から参画事業者として指定されていない宿泊施設及び参画事業者として指定されていない事業者が運営する予約サイトを通じた宿泊予約で、現地にて宿泊代金を支払った場合であっても、還付の対象外となるようです。

旅行者は以下の書類を事務局に提出すことで還付申請を行うことができるようです。

  1. 還付申請書(様式第 1 号)
  2. 支払内訳がわかる書類(支払内訳書、支払内訳が記載された領収証等)
  3. 宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数が記載されているもの)
  4. 個人情報の取扱いに関する同意書(様式第 2 号)
  5. 口座確認書(旅行者用)(様式第 3 号の1) ※旅行者本人名義の口座番号であること
  6. 前項目に掲げる書類のほか申請に係る旅行の事実を確認するために必要な書類として事務局が指定するもの

これらの書類は事務局に提出する必要がありますが、書類そのものはGotoトラベル事業公式サイトより入手するということですが
サービス産業消費喚起事業(Go To トラベル事業)旅行者向け 還付取扱要領
また、下記でも記述しております地域共通クーポンに関しては9月1日以降に本格実施がされるようです。

Go to トラベルをするにあたっての参加条件について

コロナ過において旅行をするという部分において、もっとも注意しなくてはいけないことはコロナへの感染であったり感染源とならないことが重要になってきます。そこで今回のGo to トラベルに参加する旅行事業者、宿泊事業者に対しては以下の参加条件を満たすことが要求されています。また旅行者に対しても注意喚起されています。

参加事業者に対しての条件

こちらのGo toトラベルの事業に参加される旅行事業者や宿泊事業者に対しては以下の参加条件を満たすことが要求されています。

  • チェックインの際、直接の対面をさけるなどの感染予防策を講じ旅行者全員に検温と本人確認を実施
  • 検温等の体調チェックを実施、発熱がある場合や風症状がみられる場合には週末も含め保健所の指示を仰ぎ、適切な対応を行う
  • 浴場や飲食施設等の共有施設の利用について人数制限や時間制限を設け、3蜜対策を徹底
  • 客室、エレベーターなどの教諭スペース等の消毒・換気を徹底
  • 参加条件の徹底と実施の旨をホームページやフロントでの毛時で対外的に公表
  • 旅行者の予約時・商品購入時に旅行者が順守すべき事項を周知徹底
  • 若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行はリスクが高いと考え控えることが望ましい
  • 着実な感染防止対策が講じられることを全体に、適切に旅行が実勢されるべきことを周知徹底

という条件があげられています。これらの条件を満たしていない場合には、登録を取り消しとなるようです。

Go to トラベルキャンペーンの対象外になった地域はキャンセル料は補償される?

Go to トラベルキャンペーン開始直前にコロナ感染者の増加の影響をうけて、東京発着の旅行商品や東京都在住の方が対象から除外されました。これを受けてキャンセルが相次ぎましたが、2020年7月21日に国土交通省は記者会見で国がキャンセル料を補償する方針を発表しました。キャンセルが対象となるのは以下の期間の予約分となります。

補償の対象は7/10~17の予約分

また、すでに旅行業者にキャンセル料金を支払いを済ませている場合には旅行業者より返金するようにすすめております。もし該当される期間にキャンペーン除外となりキャンセル、キャンセル料を支払っている方は旅行業者に対してご連絡ください。

Go To トラベル事業 仮設コールセンター ※7 月31日まで
営業時間:10:00~17:00
TEL:03-3548-0520(土日祝は休み)
TEL:03-3548-0540(7月21日から 7 月31日まで毎日受付)

その他、Go To トラベルに関するQ&Aはこちらをご確認ください。
Go To トラベル事業 よくあるご質問(FAQ)(2020年7/20(月)時点)

【2020年10月13日追記】
観光庁は、観光支援事業「Go To トラベル」において、主に大手旅行予約サイトで旅行代金の割引額を縮小していたことを受け、追加で給付金を支給することで割引額をもとに戻すよう求めています。
各社動きが異なっており、「楽天トラベル」、「Yahoo!トラベル」は補助上限をもとに戻す方針である一方で、「JTB」は補助上限を戻さない方針です。
今後の各社の動向が注目されます。

支援情報掲載

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
株式会社フジテックス
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中
山陰酸素様LP
補助金・助成金 無料診断