1. トップページ
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 2020東京大会に向けて、東京都の「Tokyo Tokyo FESTIVAL助成」が公募中 !

2020東京大会に向けて、東京都の「Tokyo Tokyo FESTIVAL助成」が公募中 !

image

来年の東京2020大会(オリンピック・パラリンピック)開催に向けて、開催地の東京都では宿泊施設のバリアフリー化や防犯設備の拡充、飲食店等での受動喫煙防止対策の推進など、様々な取り組みに対する助成事業が展開されています。

今回の記事で紹介するのは、東京2020大会の開催気運を高め東京の文化プログラムを多くの人に知ってもらう事を目的とした、東京都の「Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成」という事業です。

この事業では特定のジャンルにとらわれない芸術活動全般に関するプロジェクトを対象に、Tokyo Tokyo FESTIBAL(東京都が実施している芸術文化の祭典)への参画を図る事業に対し最大で2000万円(上限1/2~1/4以内)の助成を行っています。

Tokyo Tokyo FESTIVAL
https://tokyotokyofestival.jp/

この記事の目次

採択への近道はプロジェクトの「話題性・祝祭性」

この助成事業では「オリンピックの精神に基づき、史上最高のプログラムを展開するとともに、文化の面のレガシーを2020年以降に継承し、世界一の文化都市東京の実現につなげていくこと。」というTokyo Tokyo FESTIVALの考え方を踏まえた、特に話題性・祝祭性のあるプロジェクトに対し優先的な採択を行っています。

Tokyo Tokyo FESTIBALの考え方とは?

①伝統と現代の共存をはじめとした独自性・多様性を持つ東京の文化を世界に発信するとともに、国際的な芸術文化交流を積極的に展開
②障害者、高齢者、子供、外国人等、国内外のあらゆる人々が参加・交流できる機会の創出
③新たな発想を取り入れた芸術文化活動の推進や次世代を担う人材の育成
④都市全体で文化的な祝祭感を創出
⑤国、他の自治体、芸術文化団体等との連携・協力によるオール・ジャパンでの気運醸成

上記のような取り組みを大切にしていくことがTokyo Tokyo FESTIVALの考え方です。
※事業要件ではありません
閉店ポータル

対象事業の4つのカテゴリーと過去の採択事例を紹介!

Tokyo Tokyo FESTIVAL助成では、オリンピック・パラリンピックの開催に向けて芸術文化都市東京の魅力を高める事を目指し、芸術団体、民間団体、企業等が取り組む「芸術活動全般に関する文化プログラム」への助成を行っています。

対象となる分野は音楽・演劇・舞踊・文学・ファッション・建築・アニメやゲームなど非常に多岐にわたり、特定の分野に限らない複合的な芸術活動(フェスティバル等)も支援対象として認められています。

対象事業は「気運醸成プロジェクト支援」「市民想像文化活動支援」「海外発文化プロジェクト支援」「未来提案型プロジェクト支援」という4つのカテゴリーに分かれていて「気運醸成プロジェクト支援」のみ助成率が1/4以内となっています。※他は1/2以内

①気運醸成プロジェクト・・・動員力や話題性・波及力があるプロジェクト
【採択事例】
・日比谷音楽祭(音楽の聖地日比谷公園で、誰もが無料で参加できる音楽祭を開催)
・東京フィルメックス(アジアの新進作家の作品を紹介する映画祭で、2000年から行われている既存事業への助成)

②市民創造文化活動・・・都民が主体的な表現者となる芸術文化活動
【採択事例】
・中野フレッシュロックフェスティバル(地域の高校生主催による高校生の為の音楽フェス)
・NEWTOWN2019(多摩ニュータウンで実施する市民が主役となる芸術文化イベント)

③海外発文化プロジェクト・・・海外からのアーティスト等の新しい作品発表
【採択事例】
・「バリ姫神話」日韓共同舞台製作プロジェクト(日韓を代表する音楽、演劇集団によるコラボレーションイベント)
・ロンドン交響楽団と日本の音楽家との共同プロジェクト(ロンドン市民とのオンライン上演等を計画)

④未来提案型プロジェクト・・・アートとサイエンスを融合した新しい発想・表現を追求するプロジェクト
【採択事例】
・TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(現在の東京の姿を2020年以降の社会へ受け継ぐ事を目的としたプロジェクト)
・Save the Ear~耳と長く付き合うために(新たに開発された難聴者にも聞こえやすいスピーカーを利用したコンサートイベントの開催)

「Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成」公募概要

「Tokyo Tokyo FESTIVAL助成」は、世界的な芸術文化都市東京として、芸術文化の創造・発信を推進し、東京の魅力を高める事を目的に設立された「公益財団法人東京都歴史文化財団(アーツカウンシル東京)」と東京都が共同で実施するTokyo Tokyo FESTIVALへの参画に係る助成事業です。

【申請窓口】
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/grants/cultural-program-grant-program/39950/

【助成対象となる分野】
音楽・演劇・舞踊・美術・写真・文学・メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲームなど)・伝統芸能・芸能・生活文化(茶道、華道、書道、食文化など)・ファッション・建築・特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)等
※様々な芸術活動の複合的なもの(フェスティバル等)も対象となります。

【助成カテゴリー】
応募したいカテゴリーを選び(複数可)、申請してください。
I:フラッグプロジェクト支援・・・・動員力や話題性、波及力があるプロジェクト
II:市民創造文化活動支援・・・・・・・・・都民の方々が主体的な表現者となる芸術文化活動
III:海外発文化プロジェクト支援・・・海外からのアーティスト等の新たな芸術創造につながる活動
IV:未来提案型プロジェクト支援・・・アートとサイエンスを融合した新しい発想、表現を追求する挑戦的なプロジェクト

【申請上限額】
2,000万円
※助成率はフラッグプロジェクト支援のみ助成対象経費の1/4以内、他は1/2以内

【実施場所】
東京都内

【公募期間】
2020年1月13日消印有効
※2020年4月1日以降に開始し、2020年9月6日までに終了する活動する事業が対象

【申請方法】
申請書類を事務局(アールカウンシル東京)から取得し、必要事項を記入し郵送
※詳しくは上記【申請窓口】のurlからご確認ください。

まとめ

今回は来年の東京2020大会に向けて東京都が実施している助成事業の中から、アーツカウンシル東京と東京都が共同で実施している「Tokyo Tokyo FESTIVAL助成」について紹介してきました。

この事業は、企業等にとってTokyo Tokyo FESTIVALへの参加を通し自社のブランド力や企業イメージの向上を図る大きなチャンスでもあるため、都内に所在する大手芸能事務所や劇団、交響楽団、地域の振興組合、学生のサークルなどから毎年非常に多くの公募が殺到し、例年(2016~)の採択率は20%~30%とかなり厳しい水準になっています。

今回の公募にどの程度の申請が集まるかはまだわかりませんが、東京都(アートカウンシル東京)ではこの他にも文化芸術振興を目的とした様々な助成事業を毎年展開していますので、公益性の高い魅力的なプロジェクトを抱える団体等は、より採択率の高い助成事業等への申請も是非ご検討ください。

補助金ポータルでは各種補助金・助成金に関するご相談や、専門家などへのマッチング業務なども行っています。

無料相談フォームにて相談する

専門家ビジネスマッチングを希望

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
会員登録
CXOバック様
補助金・助成金 無料診断
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中