1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 東京の飲食店対象の時短営業協力金はどうなる?協力金の申請スケジュールを確認!

東京の飲食店対象の時短営業協力金はどうなる?協力金の申請スケジュールを確認!

image

本記事ではこれまでの緊急事態宣言期間中の東京都飲食店協力金の内容等を、実施期間ごとに確認していきます。

▼11月9日更新
飲食店向け協力金申請スケジュールを最新のものに差し替えました。
営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金9/1~9/30実施分の締切が迫ってきています。(11月15日締切)
▼10月26日更新
10/1~10/24 リバウンド防止措置期間の協力金について追記しました。

補助金コラム情報や補助金活用セミナー情報を
▼▼▼日々配信中!無料メルマガ登録はこちら▼▼▼
メルマガ会員登録する

最短2時間での資金調達!クラウドでオフィスに居ながら楽々資金繰りは【うりかけ堂】

この記事の目次

東京都の飲食店向け協力金申請スケジュール


飲食店向け協力金申請スケジュール

補助金・助成金相談所

9/1~9/30 における緊急事態措置等

■飲食店協力金(営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金 9/1~9/30実施分)
都内で飲食店営業許可を受けて飲食店を営んでいる事業者が、9/1~9/30の期間中、休業または営業時間短縮の要請に応じた場合には、協力金(120~600万円)の支給対象となります。

早期支給の申請を行い、一部支給済み(60万円/店舗)となった方は、今回が本申請となり、協力金の差額分が支給されますので、必ず申請してください。なお、早期支給において一部受給を受けた場合は、売上高方式で算出する必要があります。

【対象となる施設】
都内全域の飲食店等
(大企業が運営する店舗も含む)

【要請の概要】
・酒類またはカラオケ設備を提供する飲食店等(利用者による酒類の店内持込を認めている飲食店等を含む)→休業(酒類またはカラオケ設備の提供を取り止める場合を除く)

・酒類を提供せず、かつカラオケ設備を使用しない飲食店等→夜20時から翌朝5時までの時間帯に営業を行っていた店舗において、朝5時から夜20時までの間に営業時間を短縮

【主な対象要件】
・9/1~9/30の期間、営業時間短縮及び休業の要請に全面的に協力する。※9月1日~9月12日までの間に新規に開店し、営業の実態がある場合、特例として9月13日~9月30日までの期間(18日間)の協力で申請が可能(支給額は72万円~360万円)
・ガイドラインを遵守し「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗ごとに掲示する。
・申請に当たって、「コロナ対策リーダー」を店舗ごとに選任の上、登録する。
・都内にある全ての直営店舗において要請に応じ、傘下のフランチャイズ店に対しても協力依頼を行う。(大企業のみの要件)

【支給額(予定)】
中小企業等:一店舗当たり120万円から600万円 ※9月1日~9月12日の間に新規開店した店舗を除く
大企業:一店舗当たり上限600万円(一日の売上高減少額に基づき算出)

【申請受付】
2021年10月14日(木)~11月15日(月)終了間近

▼営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金サイト(9/1~9/30実施分)
https://www.oct.jitan.2021.metro.tokyo.lg.jp/1/

9/1~9/30実施分における早期支給について

9月1日~9月30日実施分の協力金の一部について、早期支給が行われました。

【対象者】
以下のすべてに当てはまる方が対象となります。

  • 9月1日から9月30日まで全期間(30日間)に協力できる方
  • 中小事業者(中小企業及び個人事業主等)
  • 過去実施分の協力金について受給実績のある方
  • 要請期間後に受け付ける申請を売上高方式で申請される方

早期支給額

一店舗当たり、60万円
これは、一店舗当たりの協力金日額下限額(4万円)に日数(15日分)をかけたものになります。

早期支給の申請受付期間

申請受付期間 令和3年9月13日(月)~9月24日(金)受付終了

経営者5,000名超利用!経営情報サービス【社長online】

10/1~10/24におけるリバウンド防止措置期間

■飲食店協力金(営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金 10/1~10/24実施分)
都内で飲食店営業許可を受けて飲食店を営んでいる事業者が、リバウンド防止措置期間中、営業時間の短縮等の要請に応じた場合には、協力金(60~480万円)の支給対象となります。
(下記、図は東京都産業労働局のウェブサイトより抜粋)

【主な対象要件】

※1「感染防止徹底点検済証」とは
「感染防止徹底点検済証」は、「徹底点検TOKYOサポート」プロジェクトによる店舗への点検が実施された時点において、都の定める基準を満たしていることが確認された場合に発行されるものです。

※2 感染防止徹底点検済証の非認証店について
従前21時から翌朝5時までの時間帯に営業を行っており、かつ、令和3年10月1日からBの店舗として協力していた店舗で、要請期間の途中で点検済証の交付を受けた店舗は、点検済証を店頭に掲示した日からAの店舗として協力すれば協力金の対象となります。

【支給額】

【申請受付】2021年10月25日(月)~11月30日(火)

▼営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金サイト(10/1~10/24実施分)
https://jitan-portal-metro-tokyo.force.com/s/

緊急事態措置等・感染拡大防止協力金の問い合わせ

感染拡大防止協力金相談センターにおいて対応しています。

【お問い合わせ先】
■感染拡大防止協力金等コールセンター
0570-0567-92
開設時間:9時~19時(土日祝日を含む毎日)

まとめ

今回は東京都の休業または営業時間短縮要請に応じた飲食店等の協力金についてまとめました。区切られた実施期間ごとに申請を行う必要があるため、都ホームページ等で情報収集をして申請漏れのないようにご注意ください。

経営者5,000名超利用!経営情報サービス【社長online】

支援情報掲載

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
freee
会員登録
CXOバック様
補助金顧問
補助金・助成金のプロに相談!専門家マッチング
専門家パートナー募集中
山陰酸素様LP
補助金・助成金 無料診断