1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. QR決済で最大10%還元!東京都の令和5年度補正予算の注目点

QR決済で最大10%還元!東京都の令和5年度補正予算の注目点

image

東京都は、物価高騰に対応するための重要な措置として「令和5年度12月補正予算(案)」を発表しました。この予算案は、現在の経済環境の中で都民と事業者を支援することを目的としており、特に注目されるのは、QR決済で最大10%ポイントを還元する「暮らし向き向上緊急サポート事業」などの新しい取り組みです。

▼▼▼日々配信中!無料メルマガ登録はこちら▼▼▼
メルマガ会員登録する

この記事の目次

東京都12月補正予算の概要

国の地方創生臨時交付金を活用した東京都の令和5年度12月補正予算案は一般会計で総額803億円を計上しました。ここには、国が都を経由して23区に交付する臨時交付金665億円が含まれます。

補正予算の主な柱は、都民生活と中小企業者への支援です。これにより、都民の生活を支え、消費を促進する新たな取り組みが行われ、同時にエネルギー価格の高騰に対する対策も継続されます。

都民への支援内容は?

803億円の補正予算の中で、都民生活への支援に176億円を計上し、そのうち、東京都内の店舗でQRコード決済を行った利用者に対しポイントを還元する「暮らし向き向上緊急サポート事業」に100億円が充てられています。

▼都民生活への支援に関する補正事項

区分 実施規模 今回補正
暮らし向き向上緊急サポート事業 経済活性化支援 100億円 100億円
家庭等に対するLPガス価格高騰緊急対策事業 23億円 23億円
保護施設物価高騰緊急対策事業 0.3億円 0.2億円
介護サービス事業所燃料費高騰緊急対策事業 3億円 1億円
特別養護老人ホーム等物価高騰緊急対策事業 12億円 11億円
保育所等物価高騰緊急対策事業 12億円 11億円
障害者支援施設等物価高騰緊急対策事業 3億円 0.8億円
障害福祉サービス事業所物価高騰緊急対策事業 2億円 0.5億円
医療機関等物価高騰緊急対策事業 31億円 28億円
薬局物価高騰緊急対策事業 0.7億円 0.5億円
都立学校における学校給食費支援事業 0.7億円 0.7億円

1回のQR決済で最大10%(上限3000円分)のポイント還元

経済活性化支援として盛り込まれた「暮らし向き向上緊急サポート事業」で、来年3月からQRコード決済を使用する消費者に対して、1回の決済につき最大10%(3000円相当)のポイントを還元するキャンペーンを行う予定です。このキャンペーンは、QRコード決済を導入している小売店、飲食店、サービス事業者など、多くの店舗で利用可能になるとみられます。

この事業は、消費者の支出を促進し、経済活動を活性化させることを目的としています。特に、小売店や飲食店などの地元ビジネスにとって、消費の促進による恩恵が見込まれます。

補正予算のエネルギー価格高騰対策

エネルギー価格高騰対策としては、LPガス利用家庭の料金値引き支援を継続するための「家庭等に対するLPガス価格高騰緊急対策事業(23億円)」のほか、保護施設、介護サービス事業所、特別養護老人ホーム、保育所、医療機関、薬局などへの物価高騰緊急対策事業や、「都立学校における学校給食費支援事業(0.7億円)」を計上しています。

中小企業への支援内容は?

中小企業への支援としては、燃料費上昇による経営上の負担を軽減するため、公衆浴場に0.3億円、運輸事業者には15億円の支援が割り当てられています。

まとめ

東京都の補正予算は、都民の生活を支え、消費を喚起する新たな取り組みを行いながら、エネルギー価格の高騰への対策を継続するものです。これにより、都民の負担を軽減し、経済の持続的な成長促進を目指します。

参考:令和5年度12月補正予算(案)について

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
ITトレンド_IT導入補助金
会員登録
補助金顧問
LINE登録
専門家パートナー募集中
補助金ポータル公式アカウントLINE@ クリックして友達追加する