1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. リフォーム時に最大200万円補助を受けられる先進的窓リノベ事業とは?

リフォーム時に最大200万円補助を受けられる先進的窓リノベ事業とは?

image

令和4年度補正予算にて1000億円の予算がついた、「先進的窓リノベ事業」の詳細が公表されました。これは令和4年11月の閣議決定時に、「住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等」として発表されていた事業です。

住宅省エネ2023キャンペーンの1つとして設置された先進的窓リノベ事業では、断熱を目的とした窓のリフォームが補助の対象となりました。

本事業の概要や補助金額、注意点などをお伝えします。

▼▼▼日々配信中!無料メルマガ登録はこちら▼▼▼
メルマガ会員登録する

この記事の目次

先進的窓リノベ事業とは

先進的窓リノベ事業とは、環境問題への対策として家庭からのCO2排出量削減や省エネルギー性の向上を目的とした事業です。

既存住宅においては、窓からの熱損失が大きくなっています。本事業は窓の断熱性を高めることで冷暖房費負担を軽減し、エネルギー価格高騰を補助するものとしても期待されています。

住宅省エネ2023キャンペーンでは、このほかに「こどもエコすまい支援事業」、「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」が設置されました。

先進的窓リノベ事業で補助の対象となるのは、「ガラス交換」「内窓設置」「外窓交換(カバー工法)」「外窓交換 (はつり工法)」の4つのリフォーム工事です。リフォーム後には、窓の性能が対象住宅の種類に応じて定められた熱貫流率の基準を満たしている必要があります。

SimpleConnect|IT導入補助金

先進的窓リノベ事業の補助金額

先進的窓リノベ事業の補助額はリフォーム工事に応じて、住宅のタイプごとに定められています。1戸あたりの補助額の上限額は以下のとおりです。

1戸あたりの上限補助額…200万円

なお、複数回の工事を行う場合でも、1戸あたりの上限額は変わりません。また、合計補助額が5万円以下の場合は申請不可です。

それでは、住宅タイプごとの補助額単価を見ていきましょう。

戸建住宅・低層集合住宅における補助額

補助単価は、窓の大きさの区分や改修方法に基づいて定められています。補助単価に施工箇所数を乗じた額が、1つの住宅における合計補助額です。

戸建住宅・低層集合住宅における補助単価は、以下の表を参照してください。

出典:先進的窓リノベ事業の内容について

補助額の合計は、以下の例のように算出します。

【グレードSS・大のガラス交換を2枚、グレードS・小の内窓設置を行った場合】
①ガラス交換
48,000×2=96,000
②内窓設置
36,000
合計…132,000円

なお、ガラスの交換は箇所数ではなく、交換するガラスの枚数で計算します。各ガラスのサイズは以下の通りです。

■大
ガラスの面積…1.4平方メートル以上
サッシの面積…2.8平方メートル以上

■中
ガラスの面積…0.8平方メートルから1.4平方メートル
サッシの面積…1.6平方メートルから2.8平方メートル

■小
ガラスの面積…0.1平方メートルから0.8平方メートル
サッシの面積…0.2平方メートルから1.6平方メートル

■極小
ガラスの面積…0.1平方メートル未満
サッシの面積…0.2平方メートル未満

中高層集合住宅における補助額

中高層集合住宅における補助単価は、以下の表を参照してください。

出典:先進的窓リノベ事業の内容について

補助額の合計は、以下の例のように算出します。

【グレードA・大のガラスを1枚、グレードB・大の外窓交換 (カバー工法) 2枚とグレードA・小の外窓交換 (はつり工法) 3枚を行った場合】
①ガラス交換
26,000
②外窓交換(カバー工法)
89,000×2=178,000
③外窓交換 (はつり工法)
52,000×3=156,000
合計…360,000円

先進的窓リノベ事業の申請フロー

先進的窓リノベ事業は、リフォームを行う業者が補助事業者となり、申請を行います。補助金は事業者へ交付されますが、その後、全額住宅所有者等に還元される仕組みです。申請にあたっては、あらかじめリフォーム事業者が還元方法を住宅所有者等に説明し、同意を得る必要があります。

本事業の対象となるために、リフォーム事業者は、所定の手続きによって事前に事業者登録を行います。補助の対象になる工事は、事業者登録後に着手したものだけです。

申請フローについては、以下の図も参考にしてください。

出典:先進的窓リノベ事業の内容について

先進的窓リノベ事業の申請期間と注意点

先進的窓リノベ事業を利用するには、申請スケジュールに注意する必要があります。また、本事業は一部の他の補助金とも併用可能です。

次は事業全体のスケジュールと他の補助金と併用するときの注意点について、確認しましょう。

事業スケジュール

リフォーム事業者の事業者登録は、以下の期間に行われます。

■事業者登録期間
令和5年1月17日から、遅くとも令和5年11月30日(予定)

登録の済んだ事業者は、随時発表されます。契約するリフォーム業者が登録事業者になっているかどうかは、工事を開始する前に確認しましょう。

交付申請時期は、すべての工事の完了後です。期間内に工事が完了しない場合は、補助金の申請はできません。

交付申請期間は、以下の通りです。

■交付申請期間
令和5年3月下旬から、遅くとも令和5年12月31日(予定)

なお、交付申請の締め切りは予算の執行状況に応じて公表されます。

工事着工後には、交付申請を予約することもできます。予約によって、補助金が一定期間確保されます。

交付申請の予約が可能な期間は以下の時期です。

■交付申請予約期間
令和5年3月下旬から、遅くとも令和5年11月30日(予定)

ただし予約後3ヶ月以内に交付申請が無かった場合、予約は取り消されます。また、予約は着工から交付申請までの期間に予算の確保をするためだけのものです。指定の期間内に交付申請を行わない限り、補助金交付は確定されません。

事業スケジュールの全体像は、以下の図も参考にしてください。

出典:先進的窓リノベ事業の概要

他補助金との併用について

本事業は住宅省エネ2023キャンペーンとして、「こどもエコすまい支援事業(国土交通省)」および「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業(経済産業省)」と申請のワンストップ対応が予定されています。

いずれの申請も事業者が行い、工事発注者の手続きはありません。キャンペーンスキームについては、以下の図も参考にしてください。

出典:住宅省エネ2023キャンペーン総合サイト

複数の事業を併用する場合、同一の工事を対象にすることはできません。たとえば「こどもエコすまい支援事業」では「開口部の断熱改修」として、窓の断熱リフォームが対象になっています。これは、先進的窓リノベ事業を申請した製品に重複して利用することはできません。

補助金額は、リフォーム工事を行う窓の性能によって違います。どちちらの補助金額が多くなるかは、申請の前に確認しておきましょう。

また、既に「こどもみらい住宅支援事業」の事業者登録が済んでいるリフォーム事業者は、所定の手続きを行うことを前提として、12月16日時点からの工事着工が可能です。

そのほか、併用できるリフォームに関する代表的な補助制度は以下のとおりです。

  • こどもみらい住宅支援事業
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業及び集合住宅の省 CO2化促進事業
  • 次世代省エネ建材支援事業
  • 既存住宅における断熱リフォーム支援事業
  • 住宅エコリフォーム推進事業
  • 住宅・建築物省エネ改修推進事業

いずれも「請負工事契約が別であること」等の条件があります。併用での申請を検討している場合は、それぞれの要件を確認してください。

まとめ

住まいの心地よさは、生活の質を大きく変える要素です。窓の断熱リフォームをすることで室内の気温の調整がしやすくなれば、環境だけでなく、人の暮らしそのものが改善されます。

また、省エネ率の高い住宅は、将来的な光熱費の累計にも影響を及ぼします。窓の断熱リフォームの資金に支援を受けることは、長期的な出費の減少にもつながる選択です。

ぜひこの機会に先進的窓リノベ事業を利用して、地球にも人にも、そして未来にもメリットのある窓の断熱リフォームを検討してみてください。

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
LINE登録
会員登録
補助金顧問
専門家パートナー募集中
山陰酸素様LP
補助金ポータル公式アカウントLINE@ クリックして友達追加する