1. 補助金ポータルTOP
  2. 補助金・助成金コラム
  3. 賃上げ支援に50億円 令和5年度補正予算「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」

賃上げ支援に50億円 令和5年度補正予算「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」

image

中堅・中小企業の持続可能な発展と地方経済の活性化は、日本経済の重要な柱の一つです。この観点から、令和5年度補正予算には「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」という支援が盛り込まれています。この記事では、この補助金の目的、概要、及び企業にとっての意義について解説していきます。

▼▼▼日々配信中!無料メルマガ登録はこちら▼▼▼
メルマガ会員登録する

<関連記事>
令和5年度補正予算案経済産業省
令和5年度補正予算案 環境省
令和5年度観光庁補正予算案
令和5年度補正予算こども家庭庁
令和五年度補正予算案 厚労省

この記事の目次

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の目的

本補助金の目的は、中堅・中小企業が直面する人手不足という現代の課題に対応するとともに、成長を促進することにあります。その達成手段として、新しい工場の設立や大規模な設備投資への助成が挙げられ、これにより地方での持続的な賃上げが実現されることを目指しています。

出典:令和5年度補正予算案の事業概要(PR資料)

中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金の概要

本事業は、地方での賃上げを推進するために、人手不足などの現在の課題を乗り越えて成長を目指す中堅・中小企業の取り組みを支援します。事業期間は令和5年度から令和8年度までです。令和5年度の補正予算では1000億円を計上し、補助金の総額は国庫債務負担を含めて3000億円に上ります。

補助上限額・補助率

補助金の上限は50億円とされており、投資下限額は10億円、補助率は1/3です。

また、複数の企業がコンソーシアムを形成し、合計投資額が10億円以上であれば、補助の対象となる可能性があります。

企業にとっての意義

この補助金は、中堅・中小企業にとって、工場建設や大規模な設備投資などのチャンスを提供します。例えば、製造業ではCO2削減や生産プロセスの革新が、卸売業では物流センターの効率化が挙げられます。これらはいずれも、生産性の大幅な向上を目指す動きであり、最終的には従業員の賃金増加に寄与すると期待されます。

意見募集と今後のプロセス

経済産業省では、令和5年11月15日(水)~令和5年11月22日(水)まで、この補助金に関する意見募集を行っています。これには、事業の効率的な実施手法や、実施に必要な費用の概算などが含まれます。このフィードバックは、補助金事業をより効果的に、かつスムーズに運営するための計画策定に役立てられることになります。

参考:令和5年度補正予算案「中堅・中小企業の賃上げに向けた省力化等の大規模成長投資補助金」に係る資料提供依頼・意見募集について

政府は補正予算の月内の成立を目指しています。今後の流れとしては、これから補助金事務局の公募が行われ、事務局決定後に、補助金の公募が始まるので、年明け以降の公募開始となる見込みです。

この補助金は、大規模な投資を伴うものであり、すべての中堅・中小企業が利用できるわけではないかもしれませんが、経済的負担の軽減、省力化、生産性の向上、そして事業拡大を目指す有力な手段となり得ます。企業はこの機会を利用して、持続可能な成長を実現していくことが望まれます。

関連記事

補助金ポータルからの
お知らせ

お知らせ一覧
ITトレンド_IT導入補助金
会員登録
補助金顧問
LINE登録
専門家パートナー募集中
補助金ポータル公式アカウントLINE@ クリックして友達追加する